細胞から分化

28 の用例 (0.00 秒)
  • これらの細胞はもとは1つの細胞から分化し、この細胞をナイーブT細胞と呼ぶ。
  • ほとんどの種類では筋肉の細胞から分化したものであるが、アプテロノートゥス科の発電器官は神経細胞を起源としている。
  • 抗体分子は一般にB細胞から分化した形質細胞によって産生されることが知られている。
  • 形質細胞はリンパ球の一種であるB細胞から分化し抗体産生能を持つ細胞であり、通常IgMを産生する能力を持っている。
  • 血球はいずれも骨髄で造血幹細胞から分化・成熟したものである。
  • CTLは表面にCD8分子を発現しているT細胞から分化してくる。
  • あるいは、生殖細胞が体細胞から分化する場合には、体細胞と生殖細胞を仕切る隔壁が生じるのが普通である。
  • 造血幹細胞から分化し始めた幼若な血液細胞は盛んに分裂して数を増やしながら少しずつ分化を進めていく。
  • 造血幹細胞から分化した単球は骨髄で成熟し、血流に入ると炎症の化学仲介に関わる。
  • 精子は精原細胞から分化して作られる。
  • しかしながら、血液に含まれる細胞成分や、骨髄系前駆細胞から分化する免疫担当細胞、さらには狭義には好中球を単独で表すこともあるため、文脈により何を指すか全く異なる場合があることに留意する必要がある。
  • 骨髄中の造血幹細胞から分化し始めた幼若な血液細胞は、盛んに分裂して数を増やしながら少しずつ分化を進めていく。
  • 軟骨芽細胞は未熟な軟骨細胞を意味する用語として使用されるが、軟骨細胞は骨芽細胞から分化して形成されることもあるため、未熟な軟骨細胞を意味する用語としては不正確であり推奨されない。
  • 医学的には、セルライトが原因とされる肌の凹凸は、皮下脂肪が溜まった結果、肥大した脂肪細胞から分化している線維芽細胞が皮膚の方に引っぱられた状態に過ぎないというのが一般的な見解である。
  • セメント芽細胞は歯根周囲の濾胞上皮細胞から分化される細胞で、セメント質を形成する。
  • T細胞は胸腺の造血幹細胞から分化し、成熟したヘルパーT細胞になるまでに複雑な過程を経る。
  • 中枢性寛容とは胸腺や骨髄でTおよびB細胞が前駆細胞から分化する間に特定の自己反応性T細胞、自己反応性B細胞クローンが除去されることをいう。
  • これらは成熟するにしたがって、徐々にヘモグロビンの赤色が明らかになっていき、最終的に核が脱落した赤血球となって末梢血に送り出される 造血幹細胞から分化し始めた幼若な血液細胞は盛んに分裂して数を増やしながら少しずつ分化を進めていく。
  • 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。
  • 細胞外に存在する細菌の除去はB細胞から分化した形質細胞が産生する免疫グロブリンなどが中心的役割を担う体液性免疫によって行われるが、結核菌などの細胞内寄生菌の除去においては細胞性免疫が重要な役割を担っている。
  • 次へ »

細胞から分化 の使われ方