細め

全て 動詞 名詞
6,307 の用例 (0.01 秒)
  • 緒方社長は今日という一日の最初の面会人に向かって目を細めて言った。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • うつとりと眼を細めてゐた空二は急にハツとしたやうに婦人を視つめた。 原民喜『雲雀病院』より引用
  • さっき細めておいた芯が尽きて、ともし火が消えかかっていたのである。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』より引用
  • その時階段の奥の扉が、細めに開いていて、人のいる気配があるのを見た。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 留学を希望している太平洋の彼方の国に狙いをつけるように眼を細めた。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 父子は肩を並べ、父親の方は秋の陽差しに目を細めながら歩いていた。 宮部みゆき『鳩笛草(光文社文庫)』より引用
  • 遠子先輩は切なくてたまらなそうに目を細め、ぼくの言葉を聞いている。 野村美月『文学少女シリーズ08 “文学少女”と神に臨む作家 下』より引用
  • 彼は長い前髪を横へかき上げ、こちらの心の中を探るように目を細めた。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • しばらく目を細めて朝日に輝く海を眺めていたあとでキッチンに向かう。 大石圭『飼育する男』より引用
  • まぶしいものでも見るように、公子は妹の姿を見つめながら目を細めた。 流星香『プラパ・ゼータ 3 平行神話』より引用
  • 熱心に聞いていたヴィクトリカは、緑のひとみを細めながらくしゃみをした。 桜庭一樹『GOSICK 第3巻』より引用
  • ドクター・リーは微かに両眼を細めてタイタニア貴族の表情を観察した。 田中芳樹『タイタニア3 旋風篇』より引用
  • いかにも愉快そうに目を細めて、アーダルベルトは顔の前で手をった。 喬林知『今日からマ王 第14巻 「やがてマのつく歌になる!」』より引用
  • 目を細めて、わずかな動きでもあれば、すぐに閉じられるようにした。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • 細められたままの目は、つい数瞬すうしゅん前までとはまったくちが雰囲気ふんいきのものだ。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 翠は料理を口に運んだ後の箸の先を唇につけたままで、目を細めて見せる。 乃南アサ『ヴァンサンカンまでに』より引用
  • 「向こうから何かが来るぜぇ」盗賊は目を細めて遠くを見ながら言った。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • ただ、鳴呼ああなんて君は愛らしいんだろうと目を細めて眺めていただけだ。 沖田雅『先輩とぼく 05』より引用
  • それでもあちこちのドアが細めに開いていて、女たちの姿が見えた。 阿刀田高『時のカフェテラス』より引用
  • その頃を思い出しているのか、過去かこの記憶を呼び寄せるように目を細めた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス04 コンフィデンシャル・コール』より引用
  • 次へ »

細め で始まる単語