素麺

全て 名詞
276 の例文 (0.00 秒)
  • 彼はいつも素麺の空き箱を机代わりにして記録に精を出していたという。 ...
  • 後述のように現在は日本農林規格で太さにより素麺などと分類される。 ...
  • 三輪はまたその素麺が有名だったから、私たちはみんなでその店へはいった。 ...
  • 天和年間に大和国三輪から伝えられた素麺製造技術が基になっている。 ...
  • これが起こりとなって、この日には今でも筋太の素麺を食べるのだという話である。 ...
  • 一年目に又病って、今思い出すものは日本の海辺でも素麺でもない。 ...
  • 生産者によっては素麺を名乗らず「半田麺」として販売するものもある。
  • また組合として各企業に工業組合員生産の素麺を仕入れるように依頼している。 ...
  • 伝統ある三輪では、昔は素麺のランクを上から、 の大きく4つに区分していた。 ...
  • しかし最近は各メーカーで独自に生産する素麺の方が細くなり、この区分は不明確となっている。 ...
  • 中華料理風にすることも可能で、揚げた素麺を用いると風味が変わる。 ...
  • 彼は翌晩の急行で素麺そうめんの産地として知られているその田舎町から東京に向った。 ...
  • ここでは素麺の歴史などが解説されている。 ...
  • 日本国内では近世から西日本を中心に素麺生産が盛んであった。 ...
  • 福良は淡路素麺の中心地で、文化年間に伊勢から技法が伝わってきた。 ...
  • 温麺は一般的な素麺よりもろく折れやすいので、短くするほうが便利である。 ...
  • そぼろ肉と素麺そうめんが絡みついたような骨が見え、ぐらぐらしています。 ...
  • 次へ