紙面刷新

12 の用例 (0.00 秒)
  • 現在は東京、九州・山口版と大阪版では若干レイアウトが異なっているが、大阪版は1988年の紙面刷新以後のスタイルをほぼ踏襲する形を取り、右端は宅配申し込み・記事内容の問い合わせの電話番号等を掲載している。
  • 日刊スポーツの大阪・名古屋・西部版も最終面はテレビ欄が掲載されていたが、日刊が2011年4月の紙面刷新で最終面がダブル1面になったため、中日スポーツが日本のスポーツ紙で唯一、最終面は一般紙と同様にテレビ欄である。
  • しかし2008年3月下旬に行われた紙面刷新で、最終面を再びテレビ欄に戻し、テレビ解説とBS等は最終面の前の芸能面と新設の特報面よりさらに手前の頁に掲載されるようになった。
  • 読売新聞福井県版では長年「北陸テレビ」と表記してきたが、2011年7月24日の地上デジタル放送移行に伴う紙面刷新に伴い他紙で主に使用されている「MROテレビ」に表記を変更した。
  • 発行停止などの弾圧をたびたび受けていた「土陽新聞」は、1883年に一般大衆向けに紙面刷新し、大阪から絵師山崎年信を招聘して挿絵つきの続き物を掲載し始めた。
  • この上は、創刊の精神にかえって、『紙面刷新』に取り組みます。
  • 史上最初のパルプ誌は、1894年にフランク・ムンゼイが紙面刷新した「アーゴシー」誌だと考えられる。
  • 創刊以来、数回の紙面刷新を行っているが、1990年代後期から新興のゲイ雑誌に押され発行部数が減少した為、2002年2月号をもって休刊した。
  • 前述の2008年3月の紙面刷新で、『東京中日スポーツ』に掲載している「F1 EXPRESS」面が、本紙においてもほぼ同じ内容で掲載されるようになった。
  • 紙面刷新後、やくみつる・山本哲士のコラムが時には球団の体質に対して厳しい批判を寄せるなど広報誌の枠を脱する試みが続けられた。
  • それを2002年3月に廃止し、その代わりとして翌4月の紙面刷新を機に毎週土曜日に週末にゆったりと楽しんでもらえる内容として「Business&Entertainment」の頭文字を取って「be」を創刊させた。
  • 同年10月1日から題字デザインを変更し、サンケイエクスプレスと同様のタブロイド判横書きのフルカラー48ページに紙面刷新され、一面は産経新聞グループの「ビジネスアイ」、最終面がブルームバーグの「グローバル・ファイナンス」という、「ダブルフロント」スタイルになり、投資情報紙としての性格を強める。