紐帯

全て 名詞
212 の例文 (0.00 秒)
  • そうした紐帯ちゅうたいを、ぼくたちはいまだに保持しているということであった。 ...
  • 教養と呼んでいい、もっと強い生きた紐帯を信じ、これを求めるだけだ。 ...
  • 最近は、精神的な紐帯ちゆうたいのようなものが二人の間にできかかっている。 ...
  • かかる段階の結集をつなぐ紐帯は、もはや他のものでなくてはならない。 ...
  • 宗教的共同体とは、ある宗教を紐帯として人々が形成する共同体である。 ...
  • 仕事によってのみ、社会との、そして他の人間との紐帯ちゅうたいの存在を確信してきた。 ...
  • 夫婦の間では子供が紐帯ちゆうたいとなって結ばれていることが多い。 ...
  • もっとも、ヴィザーとその創造者とを結ぶ紐帯ちゅうたいが絶たれたわけではない。 ...
  • このように人間の意識との紐帯が非常に太いため、人心の変動に弱い。 ...
  • 紐帯じゆうたいが切れて舌は咽喉の奥までくれ込み、気管を閉じてしまっている。 ...
  • 地位の向上によっても、彼らの紐帯ちゅうたいは失われることがなかった。 ...
  • この箱には人が背負うことが出来るように、紐帯がついていた。 ...
  • そして権力者たちはその紐帯の役割を教育に担わせようと考えた。 ...
  • そんなとき、都民との間に心の紐帯ちゆうたいができたような気がする。 ...
  • しかし、この紐帯自体は、コプト教徒を十分に満足させるものではなかった。 ...
  • 白蓮教を紐帯とし、目印として紅い布を付けた事からこの名がある。 ...
  • これにイギリスと日本は警戒を強め、両国の間に対ロシアという共通の紐帯ができた。 ...
  • 次へ