納屋

全て 名詞
2,816 の例文 (0.02 秒)
  • 主な部分は納屋なやにしまったのですが、大部分はなくなってしまいました。 ...
  • 夜は、納屋の扉を開けたとき、すでに妹が死んでいたことを知っていた。 ...
  • 日曜の朝はいつも十時に動物は大納屋に集合してその週の命令を受けた。 ...
  • そして二人は車をして黄色のガラスの納屋なやにキャベジを運んだのだ。 ...
  • 静ちゃんがらして納屋なやに掛けたまま持ってくるのを忘れたんですって。 ...
  • で私はかねて聞いてゐる納屋住なやずみ人夫になるより他に方法はないと思つた。 ...
  • 庭には大きな納屋のようなのがあって、その入口近くに井戸がみえた。 ...
  • そのころは犬も生きており、納屋の中で作業する二人を不思議そうに見ていた。 ...
  • ある霜の一面に置いた朝納屋のなかの粟が、みんな無くなっていました。 ...
  • 裏から誰かが顔を覗かせることも、納屋から人が出てくることもない。 ...
  • ずっとこうの空とのさかいに、納屋なやのようなものが見えますでしょう? ...
  • それから、夜八時に会う秘密集会所 変な納屋の二階のようなところ。
  • あの七戒の書いてある大納屋の壁の下に、二つに折れた梯子はしごが倒れていた。 ...
  • サイロのてっぺんは納屋の沈んでいる場所の目印しであるにちがいない。 ...
  • 夜の風で運ばれてきた雨がポツリポツリと納屋の屋根に落ちはじめた。 ...
  • 森田さんは「納屋」の所有者から立ちのいてくれるようにいわれたのだ。 ...
  • 場所は家族がどこかへ避難させられて無人になった牧場の納屋のとびらの前だ。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:納屋