紅い鼻緒

5 の用例 (0.00 秒)
  • それは、あの紅い鼻緒の下駄をいつも彼女がはいては寺へ参詣にやって来たからであった。 室生犀星『性に眼覚める頃』より引用
  • たとえば、玄関先の雪駄の紅い鼻緒にしろ、かなめの若葉の朱いのにしろ、その前庭の土の工合までが、一つ一つ懐しいもののように目に触れてくるのであった。 室生犀星『性に眼覚める頃』より引用
  • 彼女がうちにいるという事実をたしかめるに有力な証拠としては、紅い鼻緒の立った籐表とうおもての女下駄が、日ぐれどきの玄関のうす明りに、ほんのりと口紅のように浮んでいるのを見たとき、たしかに家にいると云うことが感じられた。 室生犀星『性に眼覚める頃』より引用
  • 紅い鼻緒がすっかり水に濡れているのを抱きあげて、無理に脱ぎ放させると、お咲はそれを裏返して、竹の垣根にひっかけた。 石牟礼道子『十六夜橋』より引用
  • 彼女がうちにいるという事実をたしかめるに有力な証拠としては、紅い鼻緒の立った籐表とうおもての女下駄が、日ぐれどきの玄関のうす明りに、ほんのりと口紅のように浮んでいるのを見たとき、たしかに家にいるということが感じられた。 室生犀星『性に眼覚める頃』より引用