紅い髪の精霊

11 の用例 (0.00 秒)
  • 自分はこの紅い髪の精霊についてどれだけの事を知っているのか。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 紅い髪の精霊はカティオムの真正面に立って彼の顔を見上げている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • やはりフォロンの懸念通り、この紅い髪の精霊は全く分かっていなかった。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • 彼の隣には、彼と契約を交わした紅い髪の精霊が立っている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • ある意味でダングイスに向けるのと同じ諦めの気持ちを抱いて彼は紅い髪の精霊を振り返る。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 紅い髪の精霊は仰向けにぶっ倒れて目を回していた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 紅い髪の精霊は悠然とした口調で言った。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • 気が短くて我が侭なこの紅い髪の精霊は、フォロンののんびりした処や、度が過ぎるお人好しぶりに苛立つ事も多い様で、怒鳴られた事も引っ張られた事も殴られた事も一度や二度ではない。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • 嬉しそうに紅い髪の精霊は頷いた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • あの紅い髪の精霊の力は強大に過ぎる。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • ペルセルテが表情を曇らせて紅い髪の精霊を見つめる。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用