紅い髪

37 の用例 (0.00 秒)
  • 自分はこの紅い髪の精霊についてどれだけの事を知っているのか。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 日本刀を持ったあかい髪の制服少女なんてのもいる。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第06巻』より引用
  • 顔をしかめて溜め息をつくその影は燃える様な紅い髪をしていた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第1話』より引用
  • 紅い髪の精霊はカティオムの真正面に立って彼の顔を見上げている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • やはりフォロンの懸念通り、この紅い髪の精霊は全く分かっていなかった。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • 金色の生き物は、その、紅い髪をした若者を追うように町の上をかけていく。 同人『十二国記』より引用
  • 紅い髪の少女は唇を結んで肩を竦めただけだった。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • 彼の隣には、彼と契約を交わした紅い髪の精霊が立っている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • しかしその紅い髪の少女にはそれが無い。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • 高く結い上げた紅い髪の一房を弄びながら、王はそれでも食い下がる。 同人『十二国記』より引用
  • 紅い髪の少女は動きを止めていた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • たちこめる煙の中から姿を現したのは、言うまでもなくあの紅い髪の少女である。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • 夢を見たその日の夜、彼は箒に乗って空を舞う紅い髪の少女「緋室灯」と出会う。
  • コーティカルテの紅い髪と瞳にそれはよく似合っていた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 04 ストラグル・クリムゾン』より引用
  • 紅い髪の少女は黙って部屋の中を見回す。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • ふと見ると紅い髪の契約精霊の方は、彼のデスクの隣で椅子に座り、うたた寝でもしているみたいに目を閉じていた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • 紅い髪の上級精霊はただ目を細めて写真の美少女に見入っている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 02 ロマンティック・クリムゾン』より引用
  • ある意味でダングイスに向けるのと同じ諦めの気持ちを抱いて彼は紅い髪の精霊を振り返る。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 紅い髪の精霊は仰向けにぶっ倒れて目を回していた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • フォロンがペルセルテを制した片手をそのまま泳がせて紅い髪の少女に向ける。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • 次へ »