紅い雫

11 の用例 (0.00 秒)
  • これで鎧櫃からこぼれ出した紅い雫も、ほんとうの血であったと云うことになります。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • 移植作品のタイトルに『英雄伝説ガガーブトリロジー 朱紅い雫』がある。
  • 入物いれものが鎧櫃であるから、それに取りあわせて紅い雫を血だという。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • 勿論、大勢のうちには岩永いわなが重忠しげたゞもあるのでしょうが、こゝの役人は幸いにみんな重忠であったとみえて、その一人がふところから鼻紙を出して、その紅い雫をふき取りました。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • また各作品によって呼び方は異なるが、『英雄伝説IV 朱紅い雫』のオープンシナリオのシステムを発展させた短いサブシナリオが、メインシナリオと並行して多数用意されている。
  • ただし『朱紅い雫』の7年後・『白き魔女』の49年前となるガガーブ歴943年を舞台としており、時間軸では前2作の間に位置している。
  • 隔絶されたそれぞれの大陸で交わることなく進んできたこれまでの物語を、『朱紅い雫』のキャラクターの再登場や『白き魔女』で残されていた謎の解明によって、一つの大きな物語としてまとめる〈ガガーブ〉の完結編となっている。
  • それぞれのタイトルに因み、『白き魔女』は白、『朱紅い雫』は赤、『海の檻歌』は青をイメージカラーとしてトリコロールを形成している。
  • なお、エクストラシナリオでは『白き魔女』・『朱紅い雫』のメンバーとパーティーを組む事が出来る。
  • シリーズ3・4・5作目となる『英雄伝説III 白き魔女』、『英雄伝説IV 朱紅い雫』、『英雄伝説V 海の檻歌』の3作からなる。
  • 琥珀の胸元から、ぽたり、ぽたりと紅い雫がこぼれている。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用

紅い雫 の使われ方