紅い血

34 の用例 (0.00 秒)
  • 赤い火光の中でよりあかい血が飛び、切り落された手や足が重い音をたてて地に落ちた。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • それを眺めながら、翠の頭の中にはあかい血の海が広がっている。 乃南アサ『ヴァンサンカンまでに』より引用
  • この花よりも紅い血を流して死んだのもあろう。 岡本綺堂『綺堂むかし語り』より引用
  • ついさきほど、彼に殴られて出来た瘤だった、紅く血がにじんでいた。 黒島伝治『武装せる市街』より引用
  • 紅い血が突伏した顔の下から蛇のように流れていた。 直木三十五『秘密の庭』より引用
  • 彼女の蛇のような眼はいよいよものすごくなって、眼尻には薄紅い血がにじんで来たように見えた。 岡本綺堂『両国の秋』より引用
  • 頬には紅い血が流れていた。 豊島与志雄『田原氏の犯罪』より引用
  • お通の痩せている頬に、紅い血がかすかにさした。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 紅い血の塊りが波の上に浮いて行く。 原民喜『淡雪』より引用
  • どうかすると彼女のあおざめたほおには薄紅うすあかい血の色が上って、それがまた彼女の表情をいじらしく鋭くした。 島崎藤村『新生』より引用
  • 彼女はしばらく夢のように突っ立っていたが、なんだか少し不安にも思われるので、そっと茶の間へはいって蚊帳の中をのぞいて見ると、新兵衛の寝衣ねまきには紅い血が一面に泌み出していた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 凍るような冷たい痛みが胸に走り、紅い血の珠が宙を舞う。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • 鮮やかにあか血溜ちだまりの中に、ぽつり、ぽつりと、白い物が混じっていた。 古橋秀之『ブラッドジャケット』より引用
  • さっきわきあがった階段からの悲鳴を聞かなかったわけではなかったが、見ると、男の懐剣には紅い血のりがこびりついている。 R・E・ハワード『冒険者コナン』より引用
  • 何か小石のようなものにつまずいたような気がすると、新月がたの、きれ傷が、よく白いすねに紅い血を走らせた。 室生犀星『天狗』より引用
  • ルリの顏は、僕からなぐられた頬あたりは見る見るうちにクッキリと手の平の形に紅く血がさし、僕の手の當らなかつたアゴや額などは雪のように白い。 三好十郎『肌の匂い』より引用
  • 見れば角は紅く血に染つた。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 紅い血のしたたるようないちごが、終わりに運ばれた。 徳田秋声『蒼白い月』より引用
  • 少女の白い首筋に、ふっくらとしたあかい血の玉が浮かび、そして一筋の流れになってすべり落ちてゆく。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ02 金狼の住処』より引用
  • 薔薇ばら色をした鱗三の小指の先から、南京玉なんきんだまほどの、あかい血が美しく盛りあがっている。 横溝正史『誘蛾燈』より引用
  • 次へ »