紅い花

110 の用例 (0.00 秒)
  • そこに紅い花がいくつも開花し、予備軍のつぼみもたくさんついていた。 今野緒雪『マリア様がみてる 01』より引用
  • 紅い花のまわりを飛んでいるかと思うと、もう白い花の上の方へ。 坪田譲治『新編 坪田譲治童話集』より引用
  • 鳳凰は、蓮の緑の葉と紅い花の中から飛び立つように、翼を広げていた。 車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』より引用
  • 私はやはりここで、今でも紅い花が栽培されていることを知った。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • そこでひとりガルシンの『紅い花』を読んでいると、猫八が戻って来た。 高見順『敗戦日記』より引用
  • 神の紅い花が実ったら、彼らの生活の上にさらに呪術的な力を発揮するであろう。 胡桃沢耕史『旅券のない旅』より引用
  • 白い花と違い紅い花は、色から艶から匂いから一倍勝れて見えまする。 国枝史郎『レモンの花の咲く丘へ』より引用
  • そういう紅い花が無数に並んでいるのを見ると、いかにもにぎやかな気持ちになる。 和辻哲郎『巨椋池の蓮』より引用
  • とてものことにその紅い花の送り主を、私に打ち明けて下さいまし。 国枝史郎『レモンの花の咲く丘へ』より引用
  • あたりを見回すと、あかい花が一面に咲き乱れる草原の中心に、私は立っていた。 時雨沢恵一『キノの旅 第01巻』より引用
  • だから私は、あかい花を踏みつけながらモトラドに一歩近づいて、こう言った。 時雨沢恵一『キノの旅 第01巻』より引用
  • 庭の隅には百日紅さるすべりの古木があり、あかい花をたくさんつけていた。 峰隆一郎『人斬り弥介 第02巻 平三郎の首』より引用
  • 皇后は食卓のはずれにある紅い花模様の絹布のかかった高いご座所に席をとられる。 ロチ『秋の日本』より引用
  • それはまた、野べに立つ陽炎を、うつすらと紅い花のかすみを聯想させる。 神西清『春泥』より引用
  • 夾竹桃きょうちくとうが紅い花をむらがらせている家の前まで来た時、私の疲れは堪えがたいものになって来た。 中島敦『環礁』より引用
  • 窓のところへ行くと、例のあかい花が日にしおれて見える。 島崎藤村『家』より引用
  • 納棺のとき、多田海軍次官の妻が紅い花を腕の中に抱えてきた。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • 夾竹桃が紅い花をむらがらせてゐる家の前まで来た時、私の疲れは堪へ難いものになつて来た。 中島敦『夾竹桃の家の女』より引用
  • 夾竹桃が紅い花をむらがらせてゐる家の前まで來た時、私の疲れは堪へ難いものになつて來た。 中島敦『環礁』より引用
  • 夾竹桃の紅い花が大西の死顔のまわりを埋めていった。 草柳大蔵『特攻の思想 大西瀧治郎伝』より引用
  • 次へ »

紅い花 の使われ方