紅い瞳

47 の用例 (0.00 秒)
  • 一度そのあかい瞳をのぞいたが最後、犠牲者には抵抗することさえ許されない。 古橋秀之『ブラックロッド』より引用
  • 思わず腕の中を見るアーヴィーのを、あかひとみがまっすぐに見上げていた。 古橋秀之『ブラッドジャケット』より引用
  • 吸血鬼ヴァンパイアあかひとみは、奴隷を得るには役立つが、友を求めることはできない。 古橋秀之『ブラッドジャケット』より引用
  • と、アリアは跳び箱の指を突っ込む穴からあかひとみでこっちを睨んでくる。 赤松中学『緋弾のアリア 第01巻』より引用
  • 血のようにあかい瞳も、人間やエルフのものではあり得なかった。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • 少女の紅い瞳は狂気に濁った光を放ち、口は喘ぐ様に大きく開かれている。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • 俺をにらむアリアのツリ目は、そのあかひとみを激しい興奮にうるませていた。 赤松中学『緋弾のアリア 第01巻』より引用
  • その眼が、スカルダたちの向こうに頭一つ抜きんでたあかい瞳の男に注がれる。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • 紅い瞳の色が変わっていくのを危ういところで止めた。 奈須きのこ『歌月十夜 19 バイト戦線異常あり』より引用
  • コーティカルテの紅い瞳は真っ直ぐに建物を見上げたままである。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • 胸の中から、涙にれたあかひとみが見上げていた。 古橋秀之『ブラッドジャケット』より引用
  • 振り乱した長い黒髪の間から、あかい瞳がじっと俺を見つめている。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • しっかりと砂原さはらあかひとみを見つめながら、耕太はうなずいた。 西野かつみ『かのこん 第01巻』より引用
  • 表情は乏しく、ただ紅い瞳だけが圧力的なまでに印象を残す。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 紅い瞳が真っ直ぐと男の子の黒い瞳を見つめた。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ PROLOGUE』より引用
  • 紅い瞳を奥に向けながらフォロンの契約精霊は言った。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • 悪戯っぽく尋ねてくる紅い瞳の少女に、素直に答え、フォロンは両手を背後に回した。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 01 ウェイワード・クリムゾン』より引用
  • ただ彼女の紅い瞳で見つめられているだけで、八束やつかは自分の身体から冷たい汗が染みだしてくるのを、どうしても止めることができなかった。 西野かつみ『かのこん 第08巻 ~コイビトたちのヒミツ~』より引用
  • 気がつけば、俺はアルクェイドと出会った時から彼女の紅い瞳に威圧されて、呼吸さえ満足にさせてもらっていなかった。 奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』より引用
  • あまりに奇怪な出来事に、アーヴィーは恐怖さえも忘れ、魔物のあかひとみを見上げた。 古橋秀之『ブラッドジャケット』より引用
  • 次へ »

紅い瞳 の使われ方