紅い百合

6 の用例 (0.00 秒)
  • 紅い百合の茎を圧搾し、何かの方法でその中の揮発性の香いを摘出したものが、容れ物に入れられて、下から温められて香いを立てた、というような香いである。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 無邪気なのか、故意わざとか、紅い百合の香いのたつ、子供のような皮膚をした脚を、柴田の眼の前に突きつける。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • その甘みの上にモイラの皮膚の内部から絶え間なく燻り出る、あかい百合の茎の香気が添加される。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • モイラというものが、もう一歩で成熟するというところに来たこの頃の林作は、モイラという紅い百合の中心にひそむ花の蜜が、どんなにきれいで、豊饒であるかを推察していた。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 六月に咲く、紅い百合の、茎を折る時に発するような、重い、抵抗出来ない、モイラの皮膚の薫香にも、似ているようだ。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • ピータアは紅い百合の花蕊かずいのような香いが、汗ばんで、熱くなった体温の中に溶け、くゆっている小さな足に頬ずりをし、脣をあてると、再び燃え上がるものを抑えた。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用