紅い唇

172 の用例 (0.00 秒)
  • 内側の血の色が透けて見えているのかと思えるほど、あかい唇をしていた。 夢枕獏『陰陽師』より引用
  • なんというあかくちびる、花のような、と思った時、少年の目は奥方に向いた。 海音寺潮五郎『天と地と(二)』より引用
  • 晴明は、右手の白い指につまんだその藤の花を、紅い唇に押しあてていた。 夢枕獏『陰陽師』より引用
  • 線を引くように閉じられた紅い唇がそれに続き、肩が露になる。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • どこか不吉なものを覚えて尋ね返す蒼に、紅い唇の微笑みが大きくなる。 篠田真由美『玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 女は少年の左の頬の所へ白い顔を持つて行つたがやがて紅い唇を差し出してそれにつけた。 田中貢太郎『蟇の血』より引用
  • その、紅い唇の間から、ガラスの反射を受けた皓歯が、きらりと光った。 蘭郁二郎『脳波操縦士』より引用
  • その傍らで紅い唇を一文字に引き結んでいた王女は通路の端を見て一言叫んだ。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第07巻 「コーラルの嵐」』より引用
  • 全身でそこにだけ色彩のあるあかくちびるにかすかな微笑を浮かべ、黒雪姫は続けて言った。 川原礫『アクセル・ワールド 01 -黒雪姫の帰還-』より引用
  • 長いまつげがかすかに揺れ、さきほどまで閉じていた紅い唇が半開きになっている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ07 美しき魔王』より引用
  • 紅い唇はあえぎ声を漏らし、胸甲のない両胸は豊かにふくらんで揺れていた。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • そしてあかくちびるで笑みの形を作り、緑さんは健くんのほおを優しく指でなぞった。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • よくそろった真っ白な歯が、薄紅うすあかくちびるの間に見えるのが、清らかであった。 海音寺潮五郎『天と地と(二)』より引用
  • トレレインの紅い唇に浮かんだ微笑を見て、イェーガーは言葉を中断した。 ジェイムズ・ブリッシュ『11 惑星ゴトスの妨害者』より引用
  • 女は少年の左の頬の処へ白い顔を持って往ったが、やがてあかい唇を差しだしてそれにつけた。 田中貢太郎『蟇の血』より引用
  • 晴明は、紅い唇に、いつまでも含んだ酒のがそこに残っているような笑みを浮かべている。 夢枕獏『陰陽師龍笛(りゅうてき)ノ巻』より引用
  • 男の紅い唇がきゅうっと裂け、粘つくような笑いを含んだ声が発せられた。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • 九曜の茫洋ぼうようとした表情は変化せず、異様にあかくちびるだけが動いた。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(後)』より引用
  • 私たちは明け方近くまで『紅い唇』で飲み続けてから外へ出た。 森瑤子『スクランブル』より引用
  • そこだけ異様に紅い唇が笑いの形をつくる前に、おれは早々とトイレをとび出した。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • 次へ »

紅い唇 の使われ方