紅い口唇

6 の用例 (0.00 秒)
  • 白い顔、紅い口唇の中に並んだ真珠のような歯が見えた。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • 性的に興奮した紅い口唇が開き、空気を求めて喘いだ。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • 手元に視線を落とした秋生だが、クリスの紅い口唇が残像として網膜に焼きついている。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • 秋生は皮肉を言ってみたが、クリスはまだ欲情の色がめない紅い口唇をうっすらと持ちあげ、 「そんなわけないだろ」と笑った。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • 射抜くようなあおい眸が、秋生を見ていたが、すぐに、紅い口唇が持ちあがり、蠱惑こわく的な、まばゆいばかりの微笑みがクリスにひろがった。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用
  • クリスが、紅い口唇を笑みほころばせた。 山藍紫姫子『堕天使の島』より引用