約定通り

12 の例文 (0.00 秒)
  • 人も通さず、われも行かず、約定通りにしはしたものの、心には懸かっていて、六年たった。 ...
  • 金融保証という商品の最大の特色のひとつとして「主債務の当初約定通りの元利金の支払いを行う」ということがあげられる。 ...
  • ほんらいの自分ならば、高弟の石井が倒されたのだから、堂々と出て行って、あの男との約定やくじよう通り、相手をしてやらなくてはならぬはずだ。 ...
  • このことをようかんがえて、般若侠、約定通り、あの女どもを呼び、いっしょに死んでやってくれい! ...
  • 後にエセンが明朝に侵攻し英宗を捕らえると約定通り英宗はエセン・サマイに与えられたが、エセンは自分がモンゴルに戻るまで明朝皇帝を捕らえた事を口外するなと言いつけた。 ...
  • 永正9年、運久は約定通り当主の座を忠良に譲って隠居した。 ...
  • クイルダルはこの戦いが始まる前に、チンギス・カンに自身が死んだ時は息子のモンケ・カルジャの生活を保障するよう頼んでおり、チンギス・カンは約定通りモンケ・カルジャを厚遇した。 ...
  • サイコロ賭博の約定通り、パーンダヴァ兄弟が13年間の追放を満了した後も、 ドゥルヨーダナはパーンダヴァ兄弟に領土を返還することを拒んだため、両者の間において戦争は決定的となった。 ...
  • 「では約定通り」 大きな鼻をぬっとつき出した。 ...
  • 応永35年4月に崇賢門院が93歳で死去すると、約定通りその領地を継ぎ、大慈院の住持となった。 ...
  • 一益は27日に小諸城を信蕃に明け渡して旅立ち、28日には諏訪から木曽谷に入り、当初の約定通り佐久・小県郡の人質を木曾義昌に委ね、7月1日に伊勢長島に帰還した。 ...