約定破り

4 の例文 (0.00 秒)
  • ゆえに、この時の約定破りに対しては断固たる報復を行い、将来にわたってポルトガル勢力が恐れられ敬意を払われるように仕向ける必要があった。
  • 約定といい、出すべからざる手といっても、べつにたしかな外交文書をとりかわしたわけではなく、もともとが相当あてにならぬ相談で、かつよくかんがえてみれば、この敵の約定破りも、十兵衛の方がそういう風に追いこんだ形跡があるのだが、ともかくも彼はこの手順を踏んだ。
  • 約定破りに憤慨した項羽はこれを迎え撃ち漢軍の襲撃を撥ねつけるものの、しかし楚軍はなおも強悍さを失わないように見えてその内情は疲弊の極みに達していた。 ...
  • 約定やくじよう破りの恥知らずめ。