紀の地層

55 の用例 (0.01 秒)
  • 岡山県新見市及び島根県松江市の第三紀、石川県の第四紀の地層大桑層からもニホンハナガメに似た特徴を持つイシガメ科の化石が発掘されている。
  • フォルスタートンネルでは全体が地下水面のため新たな脱水技術が求められ、フロオウデンシュタイントンネルでは三畳紀の地層区間を通り、その結果大雨による高価な防災対策が求められた。
  • 日本における最古の昆虫化石は、中生代三畳紀の地層から発見されたゴキブリの前翅である。
  • なおラムはニューブランズウィック州のデヴォン紀の地層から発掘された魚や古生代のサンゴについても研究した。
  • ロデーヴのペルム紀の地層は、粘土岩や赤い砂岩が交互に重なり合っている。
  • バージェス頁岩だけでなく、中国などのカンブリア紀の地層からも類似の動物化石が見つかっている。
  • 古生代石炭紀の地層からのみ発見されている。
  • ぼくたちは古生代のさなか、シルリア紀の地層にいたのだ。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • イギリス南部のデヴォン州に分布するシルル紀の地層と石炭紀の地層にはさまれる地層をもとに設定された地質時代である。
  • 古生代カンブリア紀の地層から化石が発見されている。
  • アマゾンの奥地探検中にカール・マイア博士により、デボン紀の地層から水かきのついた手の化石が発見された。
  • 主にカンブリア紀の地層から出土する化石として知られ、中国、アメリカ、カナダ、ポーランド、オーストラリアなどで発見されている。
  • 起源は古く、ペルム紀の地層から出土した、哺乳類の祖である初期獣弓類の化石に洞毛の痕跡が認められる。
  • 化石記録としては、石炭紀の地層からヒカゲノカズラ類の内部寄生者、 属の化石が発見されているほか、白亜紀の琥珀からも卵菌類と考えられる構造が見つかっている。
  • 三畳紀の名は、南ドイツで発見されたこの紀の地層において、赤色の砂岩、白色の石灰岩、茶色の砂岩と堆積条件の異なる3層が重畳していたことに由来する。
  • 最古の陸上植物の可能性として、アフリカのリビアにあるオルドビス紀の地層からゼニゴケ類似の胞子の化石が見つかっている。
  • 北上山系登米層の古生代上部二畳紀の地層に産する。
  • シルル紀の地層の筆石の研究を行い、アルタイ山脈やネブラスカの石炭層形成の研究を行った。
  • ムカシトカゲ目の顎の化石はブリストルの三畳紀の地層で広範に発見されるトカゲのような爬虫類であるDiphyodontosaurus avonis と同定された。
  • ほかに、シルル紀からデボン紀の地層に見つかり、と呼ばれている管状の化石は、コケムシ類と考えられていたものの、箒虫動物であることが示唆されている。
  • 次へ »

紀の地層 の使われ方