紀の地層

55 の用例 (0.00 秒)
  • この地域に分布する新第三紀と三畳紀の地層は多くの動物化石を産する。
  • 上記のように前期三畳紀の地層からは今のところ石炭が見つかっていない。
  • ヨーロッパやシベリア各地のほかに中国・朝鮮の二畳紀の地層から産出される。
  • 化石記録も豊富であり、特にエガイ属は三畳紀の地層からも発見されている。
  • これはクレーターがペルム紀の地層が堆積しているあいだに形成されたことを示す。
  • デボン紀の地層で世界遺産に登録されているのは、2008年時点ではここだけである。
  • サン・ラファエル・グループは、古い順に次の4つの三畳紀の地層から成る。
  • 米社は、シルル紀の地層を調査する目的でポーランド国内でのライセンスを取得した。
  • 遠く地上世界の三畳紀の地層にさかのぼって化石が発見される巨大なラビリントドンだ。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • 大半は第四紀の地層から発見される。
  • マドリードの南西にあり、第四紀の地層上に位置する。
  • 三畳紀の地層を三畳系という。
  • いまから約六6億年前の古生代カンブリア紀の地層から,すでにいくつかの化石が発見されている。 長野敬・鈴木善次『パズル・生物入門』より引用
  • 有翅亜綱の昆虫のなかでは最も原始的な昆虫のグループのひとつで、二畳紀の地層には現在の種に近い昆虫の化石が発見されている。
  • 石油の素となった生物は石炭のように地上の植物に限定されないため、陸上植物発生前のオルドビス紀の地層からも産出する。
  • 関東平野では新第三紀や第四紀の地層に覆われている。
  • 化石記録は乏しいが、中国南西部の帽天山にあるカンブリア紀の地層から発見されたとの化石は星口動物のものとされている。
  • 欧州におけるシェールガス層は、主にフランスの北西部、欧州北部の及びドイツとオランダにまたがる石炭紀の地層などに分布する。
  • アメリカ合衆国の学会に参加した時にはカナダ東部のシルル紀とオルドビス紀の地層を見学した。
  • 三畳紀の大型草食動物としてはリンコサウルスが南アメリカでは普通に見られるが、スターレッケリアとリンコサウルスの化石の分布ははっきりと分かれており、三畳紀の地層の地質年代を確定する重要な証拠となっている。
  • 次へ »

紀の地層 の使われ方