糸瓜

全て 名詞
177 の例文 (0.01 秒)
  • 同じく瓜と云う字のつく所を以て見ると南瓜も糸瓜も親類の間柄あいだがらだろう。 ...
  • 私は木から落ちた猿のやうにすごすごと糸瓜の絵をもつて家へ帰つた。 ...
  • 庭に面せる方は簾をたれたる半窓にて、窓の外には糸瓜へちまのぶら下りし棚あり。 ...
  • つまりなんですか、糸瓜へちまの一件、あかすり糸瓜の一件じゃございませんかね? ...
  • 家の窓のすぐ外に糸瓜はみのり、それがさわさわと風に揺れてゐた。 ...
  • 糸瓜へちまも大きいのが七、八本ぶら下って、そのなかには二尺を越えたのもあった。 ...
  • 明治になっては子規しきと云う男が脊髄病せきずいびょうわずらって糸瓜へちまの水を取った。 ...
  • その崖際を過ぎた私の眼に、糸瓜へちま棚の下の縁側で私を待っているらしい由吉の姿が見えた。 ...
  • 代わりに屏風びょうぶを載せた糸瓜の棚が小さなあばら家になっていた。 ...
  • 親類付合のある南瓜の句を糸瓜仏に奉納するのに別段の不思議もないはずだ。 ...
  • 糸瓜へちまも大きいのが七、八本ぶらさがって、そのなかには二尺を越えたのもあった。 ...
  • 二人は、銀田の家の庭にある糸瓜へちま棚の下で、麦茶を飲みながら雑談をしていた。 ...
  • 修業も糸瓜へちまったものじゃないのに当人は全く克己こっきの力で成功したと思ってるんですからね。 ...
  • 当時は今ほど東京風にならず、のきには糸瓜へちまなども下っていたそうですから、女も皆田舎いなかじみていたことでしょう。 ...
  • この頼りない糸瓜の下が一番安全なように思われた。 ...
  • 糸瓜の皮で掻廻す どうともなれという気で、何でもかまわずかき鳴らす。
  • 社員十数人の会社で、イメージも糸瓜へちまもあるものか。 ...
  • 次へ