糠蚊

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • ヌカカを介することから季節性があり主に夏から秋にかけて流行する。 ...
  • 和名のヌカカは、「糠粒のように小さい蚊」という意味から命名された。 ...
  • この節足動物は主にヌカカの可能性が考えられている。 ...
  • ヌカカが哺乳動物を吸血した際にスポロゾイトが唾液と共に侵入する。 ...
  • 牛流行熱と同様でヌカカを介することから季節性があり主に夏から秋にかけて流行する。 ...
  • まくなぎ、めまといもヌカカの一種で、夏の水辺などをひと塊になって飛んでいる。 ...
  • ヌカカなどの「吸血昆虫」によって感染し、接触感染することは無いとされる。 ...
  • 終宿主はヌカカのなかでも属である。 ...
  • 亜属がブユを終宿主とするほぼ全ての種を含むのに対し、亜属はヌカカを終宿主とする鶏ロイコチトゾーンのみが属している。 ...
  • リング体は栄養体を経て雌雄の生殖母体となり、それがヌカカに吸血されて配偶子となり有性生殖を行う。 ...
  • しかし俗に塩辛とかいう小さな糠蚊は、手といわず足といわず、髪の毛の中までもぐり込んで、ちくちく刺すので一晩中弱らされた。 ...
  • 昼夜を問わずおびただしい数のヌカカやブヨが襲い、オオカミやヒグマの恐怖と闘いながら、充分な食料も与えられないままの劣悪な環境下での作業のため、病気やけが人が続出し、正確には記録のない数の犠牲者を出し続けた。 ...
  • ヌカカにより媒介され、感染した牛はそのほとんどが無症状であるが、胎盤感染により流産あるいは先天異常、奇形の原因となる。 ...
  • 湖水のヌカカのたぐいを殺そうと毒をまく。 ...
  • 囚人たちの傷だらけの身体にヤブカややヌカカの大群が襲来したほか、寒さや過労、食糧不足からくる栄養失調から水腫病とよばれる全身が膨れ上がる病が大量発生し、北見では半年間で、出役した1150人のうち900人以上が発病して180人から230人以上が死亡した。 ...
  • 媒介者はヌカカであり、哺乳類の肝細胞や赤血球内に寄生する。 ...
  • ミャンマーで採取された1億年前のコハク中のヌカカから、ヘモプロテウスに似た生物が見出されており、これが住血胞子虫の最古の化石記録である。 ...