粘い

全て 形容詞
24 の用例 (0.00 秒)
  • 平馬はそれが無数の粘糸をなすりつけたようなものであることを知った。 山田風太郎『忍法関ヶ原』より引用
  • さうしてそれが粘泥ねんでいの上に落ちると、原子は基本体を中心にして集中する。 上田敏『海潮音・牧羊神』より引用
  • 肉体の上ではなく、魂の上にそのぬめぬめした粘いものは這っていった。 ムーア『異次元の女王―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 豆類から得られるものが、食品の増粘剤・安定剤として用いられている。
  • 己を有利な立場におき、相手を不利な方向や体勢におくことを粘という。
  • もっともらしい理由はいくつか考えられるが,その一つは粘度の問題である。 長野敬・鈴木善次『パズル・生物入門』より引用
  • 味方が点を取ってくれるまでいかに粘れるかで、ナインに信頼される。
  • さうしてそれが粘泥ねんでいの上に落ちると、原子は其本體を中心にして集合する。 グルモン・レミ・ドゥ『さしあげた腕』より引用
  • なかでも粘液細菌は細胞性粘菌とよく似た生活環を持つことで知られる。
  • 具体的には、せん断応力を受け続けると粘度が次第に低下し液状になる。
  • 放置しておくと油分などが揮発することにより粘度を増し固化していく。
  • 特に横糸には粘球があり、この粘球に露が追加される形で大きくなる。
  • 粘菌の変形体を食べるらしいとの観察例がいくつか報告されている。
  • インクの粘度が低いため、さらさらとした感じの書き味が魅力である。
  • 変形菌や細胞性粘菌類の祖先的な生物ではないかとも言われたこともある。
  • この高い粘度はヒドロキシル基による強い水素結合生成のためである。
  • 粘結性の低いものは亜歴青炭とともにボイラーの燃料として用いられる。
  • また、せん断安定性についてのSAE粘度分類との関係は次の通りである。
  • 梳糸は、上記のように粘球を持つ糸、粘糸と同じ役割を果たすものである。
  • 北宋末期になると金の将軍、粘罕は軍を率いて徐州に侵攻している。
  • 次へ »