米ザイ

8 の例文 (0.01 秒)
  • 米材べいざいを使ってはあったけれど住み心地よくできていた。 ...
  • 思いのほか奥行のない露地で、両側の長屋といっても二軒ずつおなじようなのが向い合ってわずかに四軒、それも米材べいざいの肌がいやに光る新築ではなくて軒端のきばかたむくかと見えるほど黒ずんだ年代物。
  • 米材は荷圧迫が激しくて、今年の一月から三月までは、輸入禁止するそうじゃないか。
  • そこへ持って来てたびたびの地震や火事で、焼けた跡に建てられるのは北海松からまつ米材べいざいの附け木のように白っちゃけた家か、亜米利加アメリカの場末へ行ったような貧弱なビルディングである。 ...
  • 百合子の話を聞いて、アラスカの雪上を、フロートをつけた水上機で飛び、米材の買いつけに走りまわった往年の昂奮が、ふたたび小寺に帰ってきた。 ...
  • 米ザイログ社が作ったCPUのZ80は、DRAMのリフレッシュ動作専用の7ビットのレジスタを持つ。 ...
  • パロアルト研究所コンピュータサイエンス研究所や米ベル研究所、米ザイログを経て1983年にソフトウェアマネージャーとして米サン・マイクロシステムズに入社。 ...