範疇から外れる

15 の用例 (0.00 秒)
  • まるで彼女は人間ではなく、わずかにその範疇から外れた世界で生きている生物のように思えた。 乙一『暗いところで待ち合わせ』より引用
  • 常識クイズの題材となるということは、既に常識の範疇から外れつつあるのかもしれない。
  • 修復しゅうふく可能な彼女らだけではない、その範疇はんちゅうから外れた子分こぶんたちのことすら、頭の中になかった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第12巻』より引用
  • このため厳密には自動連結器の範疇から外れるが、自動連結器との併用を目的としたものであるため、本項目で記述する。
  • Tシャツやジーンズのような純粋の私服はこの範疇から外れるので、通学服として認められていない。
  • もともとハウス・ミュージックにはあまり存在していなかった電子音を押し出していたホアン・アトキンスの一連の作品を除いては、音楽的にハウス・ミュージックの範疇から外れることはなかったといわれる。
  • でもわたしは、その範疇はんちゆうから外れている。 松岡圭祐『千里眼 The Start』より引用
  • 制度に関する個々の議論は百科事典の範疇から外れるため、ここでは、新聞の社説で特徴的なものを1つ挙げる。
  • さらに、アンダーウォーターでも呼吸が困難な状態を主体とするものについてはウェット&メッシーの範疇から外れるとする論調も強い。
  • いくらあの〝王〟と〝ミステス〟が通常の範疇はんちゅうから外れた、世に害をさない存在であるとしても、普通ならまずあり得ない処置だった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第09巻』より引用
  • 一方、賭博や窃盗・放火など守護の検断権の範疇から外れる犯罪が荘園内で発生した場合には地頭が検断を行い、地頭が追捕したのが重科の場合には守護やその使節への引き渡しを行った。
  • 家族や友人など、他人の揚げ足取りがネタの主流であるが、リスナー自身の恥ずかしいエピソードや社会への不満・愚痴など、突っ込みの範疇から外れたネタも少なからず存在するため、内容は多岐にわたっている。
  • 軽い性的要素を含んだものは「萌え」として歓迎されるが、性的な要素が濃厚すぎるものは「萌え」の範疇から外れる。
  • なお、材質に磁性体を混合した「マグネット消しゴム」も存在したが、字を消す能力はなく、厳密に言えば消しゴムの範疇から外れている。
  • ちなみに横抱きでは、意味として「小脇にかかえる」所作を含んでおり、こちらはいわゆる「お姫様だっこ」の範疇から外れる。