算術入門

4 の例文 (0.01 秒)
  • 小さいメルセンヌ素数がいつから知られているかは定かではないが、少なくとも最初の4つの完全数はゲラサのニコマコスの『算術入門』ですでに言及されている。 ...
  • 古代から、6、28、496、8128の4つの数が完全数であることは知られており、ゲラサのニコマコスの『算術入門』には4つの完全数に関する記述が存在する。 ...
  • thumb|200px|正四面体に対応する四面体数 2世紀頃のニコマコスは、その著書『算術入門』において、多角数は等差数列の和として定義されることを指摘したのみならず、種々の立体数についても述べている。 ...
  • 彼は、ニコマコスの『算術入門』の意訳で、またギリシア文献に由来する『算術教程』、エウクレイデスのユークリッド原論の抄録集を著した。 ...