第四十九

17 の例文 (0.00 秒)
  • 光緒9年に癸未の殿試を受け、第二甲第四十九名に入り進士出身を賜る。 ...
  • 第五十九章 エスタの物語第四十九章の注を参照。 ...
  • 六月十日 第四十九信 まだセルが届きませんでしたね。 ...
  • 十一月七日 第四十九信 本当は仕事しなければいけないのに、これをかかずにはいられないという仕儀にたち到りました。 ...
  • 現在は戸籍法第四十九条第三項の定めにより、子が出生すると出生証明書を添えた上で出生の届出をしなければならない。
  • この増援部隊は第三十七、第四十九のインド旅団で、戦車連隊を先頭に立て、飛行隊が協力していた。 ...
  • 第四十九章注参照。 ...
  • 十二月、召集によつて東部第四十九部隊に入隊。
  • 同年11月、内務省東京市区改正委員会において古市公威と芳野世経により公園地としての利用が提案され、翌年には日比谷公園を第一とする第四十九までの公園の整備を盛り込んだ市区改正が告示された。 ...
  • 第四十七章 ジョーの遺言旧約聖書「詩篇」第四十九章十二節。 ...
  • 二十二年の帰国で、厚生省の公式記録に残されているものは、九月二日舞鶴に入港した第四十九船「高砂丸」で「引き揚げ者自殺」が最初である。 ...
  • 具体的にいえば伊勢の第四十九段、「昔、男、いもうとのいとをかしげなりけるを見居りて、うら若みねよげに見ゆる若草を人の結ばむことをしぞ思ふ、と聞えけり」についての解釈だが、従来の細川幽斎等の代表する道徳的弁解を曲解として、すべてをすなおにありのままに受取るべきだといっている。 ...
  • 中部四十九薬師霊場第四十九札所。 ...
  • ドオショオ閣下の有名な〈法律第四十九号〉によって、一般市民がみだりに海外放送をきくと国防保安法違反で憲兵隊へひっぱられることになっているが、まだいちども敗けたことのない土つかずの日本が、どんな凛々しい休戦申し入れをするか、世界史のこの偉大な一頁は、どうしたって聞きのがせない。 ...
  • トール川は隋書の列伝第四十九・北狄伝の鉄勒の部分には「独洛河」の名で登場し、僕骨部、同羅部、韋紇部、拔野古部、覆羅部などの部族がいたとされる。 ...
  • 亡母第四十九回忌、御幸山大権現祭日、地久節、母の日週間。 ...