第二水雷戦隊司令官田中頼三少将

17 の例文 (0.00 秒)
  • この輸送作戦をもって橋本三水戦司令官は外南洋部隊増援部隊の指揮権を第二水雷戦隊司令官田中頼三少将に引き継ぎ、川内以下三水戦各艦と共にトラック泊地へ戻った。
  • この輸送作戦終了をもって外南洋部隊増援部隊指揮官は橋本三水戦司令官から第二水雷戦隊司令官田中頼三少将に交代し、橋本司令官は川内以下第三水雷戦隊各艦をひきいてトラック泊地へ向かった。 ...
  • ところが南東方面部隊は一木支隊第二梯団に対し「北方へ避退せよ」と命じ、外南洋部隊は「南西に避退せよ」と命じたので、板挟みになった第二水雷戦隊司令官田中頼三少将は「やむなく、二つの命令の中間をとって北西の針路をとった」と回想している。 ...
  • この艦隊は前進部隊指揮官が率いるヘンダーソン飛行場砲撃部隊と、第二水雷戦隊司令官田中頼三少将が指揮する日本陸軍第38師団を乗せた日本軍輸送船団であった。 ...
  • これと同時に、西からも第二水雷戦隊司令官田中頼三少将率いる外南洋部隊増援部隊の駆逐艦8隻がサボ島の西南方からアイアンボトム・サウンドに突入した。 ...
  • 第二水雷戦隊司令官田中頼三少将の指揮下、駆逐艦8隻という戦力で、輸送任務のためガダルカナル島へ突入。 ...
  • 第二水雷戦隊司令官田中頼三少将は8月29日附で外南洋部隊増援部隊指揮官の任務を解かれ、第三水雷戦隊司令官橋本信太郎少将が増援部隊指揮官を継承した。 ...
  • 第三水雷戦隊の到着をもって第二水雷戦隊司令官田中頼三少将は外南洋部隊増援部隊指揮官を更迭され、増援部隊指揮官は三水戦司令官橋本信太郎少将となる。 ...
  • この任務後、外南洋部隊増援部隊指揮官の職務は第三水雷戦隊司令官橋本信太郎から第二水雷戦隊司令官田中頼三少将に引き継がれた。 ...
  • なお速射砲部隊をふくむ一木支隊大部分約1500名は輸送船2隻に分乗し、第二水雷戦隊司令官田中頼三少将指揮下の軽快艦船に護衛され、挺身隊と同時にトラック泊地を出撃した。 ...
  • 第二水雷戦隊司令官田中頼三少将が指揮する第二水雷戦隊は、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に対し艦砲射撃を実施予定の第三戦隊を護衛する。 ...
  • ショートランド泊地帰投後、三水戦司令官は川内に移動し、外南洋部隊増援部隊指揮官の職務を第二水雷戦隊司令官田中頼三少将に引き継いだ。 ...
  • ショートランド泊地帰投後の11月6日、橋本少将は将旗を川内に戻し、同時に増援部隊指揮官の職務を第二水雷戦隊司令官田中頼三少将に引き継いだ。 ...
  • 翌25日、第二水雷戦隊司令官田中頼三少将率いる日本陸軍増援部隊もB-17及びヘンダーソン基地から発進したSBDドーントレスの空襲を受け、軽巡神通が損傷、駆逐艦睦月、輸送船の金龍丸が沈没という被害を蒙り、上陸中止を余儀なくされている。 ...
  • 第三艦隊司令長官高橋伊望中将は、指揮下の第二水雷戦隊司令官田中頼三少将に対し「天津風をもってオプテンノールを護送せよ」と命じる。 ...
  • 第二水雷戦隊司令官田中頼三少将は夏潮乗組員達に対し『開戦以来二ヶ月余ニ亘リ、艦長以下乗員一同ノ労苦ヲ多トシ、戦没セル勇士ノ英霊ニ衷心敬意ヲ表スルト共ニ、帰還後更ニ新任務ニ就カントスル諸子ノ自重自愛ヲ祈ル』との電文を送った。 ...