第二十五航空

17 の例文 (0.00 秒)
  • 第十一航空艦隊は第二十六航空戦隊と第二十五航空戦隊を隷下に置く。 ...
  • 第二航空艦隊第二十五航空戦隊の地上部隊として編成され、多くの一航艦・二航艦航空隊が派遣された。 ...
  • また連合艦隊はラバウル方面の第二十五航空戦隊に対し、南洋部隊の作戦に協力するよう命じた。 ...
  • 第十一航空艦隊の第二十五航空戦隊に編入され、5月中旬にサイパン島へ進出。 ...
  • 第二十五航空戦隊は第11航空艦隊の麾下にあり、南洋部隊とは指揮系統が違う。 ...
  • 同10日午前中、第二十五航空戦隊の陸攻はガダルカナル島周辺に敵艦船を発見できず、日本軍は「我が軍の大勝利である」「敵は敗退した」との希望的判断を下した。 ...
  • MO機動部隊はラバウルに第二十五航空戦隊の零戦9機を輸送するため寄り道したが、悪天候により2度にわたり引き返したため、5月3日に輸送の中止を決定した。 ...
  • 十一航艦隷下の第二十五航空戦隊は、二五一空はトラック泊地に夜間戦闘機9以上を、五八二空はトラック泊地に艦攻9機を配備する。 ...
  • 日本海軍の南東方面における基地航空部隊は、ひきつづき第十一航空艦隊隷下の第二十五航空戦隊がラバウルのブナカナウ飛行場を主基地として陸上攻撃機を運用し、第一五一航空隊はラバウルより偵察を実施、第二十六航空戦隊はブインを作戦基地として、激しい航空戦を繰り広げていた。 ...
  • 上旬では第二十五航空戦隊の戦備が整わず、予定の空母「加賀」一隻では第四艦隊の企図していた攻略作戦開始時の敵航空兵力撃滅も期しえない算が大となったので、第四艦隊は空母増加と第二航空戦隊の派遣を要望した。 ...
  • また第一航空艦隊をマリアナに、第二十二航空戦隊と第二十五航空戦隊をトラック方面に、第二十六航空戦隊をペリュリューに配備し、3月4日に二十二航戦と二十六航戦で第十四航空艦隊が新編された。 ...
  • 陸上基地航空隊の支援が期待できなかったのは日本軍も同様であり、第二十五航空戦隊司令官山田定義少将は第四艦隊司令長官井上中将の出撃要請を「天候不良にて攻撃中止」の理由で拒否した。 ...
  • 零戦に対するクレース隊の砲撃により第二十五航空戦隊の一式陸攻隊は雲下の敵艦隊に気付き、2隊にわかれると挟撃雷撃を行う。 ...
  • またラバウル所在の第二十五航空戦隊・第251航空隊に配備された夜間戦闘機月光は、B-17重爆やB-24重爆などを迎撃した。 ...
  • ラバウルの第四海軍航空隊第二十五航空戦隊からは一式陸上攻撃機3機、ツラギから横浜海軍航空隊の九七式飛行艇4機も加わり、珊瑚海の索敵を行った。 ...
  • 第二十五航空戦隊司令官山田定義少将は一式陸上攻撃機、零式艦上戦闘機、九九式艦上爆撃機をガ島に送り込んだ。 ...