第二十二航空

17 の例文 (0.00 秒)
  • 第四艦隊は第四根拠地隊と第二十二航空戦隊を抱えていた。 ...
  • 翌日Z部隊は海軍第二十二航空戦隊の攻撃で壊滅した。
  • 第一航空艦隊第二十二航空戦隊の地上部隊として編成されたが、一度も甲航空隊の指揮を執ることはなかった。 ...
  • また、テニアンの第二十二航空戦隊司令官は陸上攻撃機による薄暮攻撃を命じ、七五三空と七五五空の陸攻7機を出撃させた。 ...
  • 上陸作戦は船団がシンガポールの鼻先に近迫することでもあり、反撃は激しいと予想され、日本の航空作戦は陸軍第三飛行集団と海軍第二十二航空戦隊による大規模なものであった。
  • 十一航艦麾下の第二十二航空戦隊は支那方面艦隊司令長官嶋田繁太郎海軍大将の指揮下に入り、中支航空部隊として四川省方面の作戦に従事した。
  • 決戦兵力と考えられていた第一航空戦隊の飛行機隊はろ号作戦によって大きな損害を受けていたため、当初想定していたような機動部隊による邀撃作戦を実施することができず、当面マーシャル方面の第二十二航空戦隊の戦力のみで迎え撃つこととし、他方面から航空兵力をマーシャル方面へ転用させる措置をとった。 ...
  • 貴下の各航空戦隊のうち、トラック諸島に司令部を置く第二十二航空戦隊は引き続き同地を拠点とし、新たに東カロリン航空隊を配属した。 ...
  • 第四艦隊麾下の第二十二航空戦隊のうち、七五五空はテニアンに陸攻約20機、五五二空はトラック泊地に艦爆15機、八〇二空はサイパン島に大艇5機以上を配備していた。 ...
  • また、第一航空部隊として松永貞市少将を司令とする第二十二航空戦隊を南方に進出待機させ、新たに鹿屋航空隊の一式陸上攻撃機54機を配備してイギリス東洋艦隊を待ちうけていた。 ...
  • また第一航空艦隊をマリアナに、第二十二航空戦隊と第二十五航空戦隊をトラック方面に、第二十六航空戦隊をペリュリューに配備し、3月4日に二十二航戦と二十六航戦で第十四航空艦隊が新編された。 ...
  • 航空隊の総指揮を執る内南洋方面航空部隊指揮官は、第二十二航空戦隊が再建のためテニアン島へと転進するのに伴い、第二十二航空戦隊司令官の吉良俊一少将から、第二十四航空戦隊司令官の山田道行少将に交代していた。 ...
  • 十五空要員を基幹として美幌空と元山空を立ち上げることによって、1個航空隊の増強を図ったものであり、美幌空と元山空は引き続き第二連合航空隊および第二十二航空戦隊で常時コンビを組み続けた。 ...
  • さらに馬來部隊、第七戦隊、第三水雷戦隊、第四潜水戦隊、第五潜水戦隊、第十二航空戦隊、第二十二航空戦隊、第九根拠地隊、第十一特別根拠地隊を構成していた。 ...
  • 草鹿長官は、第二十六航空戦隊隷下の第七〇五海軍航空隊と、第二十二航空戦隊隷下の第七〇一海軍航空隊の陸上攻撃機に出動を下令した。 ...
  • 第二十二航空戦隊を基幹とする第一航空部隊に10日早朝に攻撃を命じ、大英帝国海軍東洋艦隊の戦艦プリンス・オブ・ウェールズ、巡洋戦艦レパルスを撃沈した。 ...