笑顔を浮かべる

107 の用例 (0.00 秒)
  • だれも新聞社のカメラを気にしているらしく緊張の笑顔を浮かべている。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • といったぼくの視線しせんを感じたのか、男の人はあわてて笑顔えがおを浮かべ言った。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • 一瞬、母親の慈愛に満ちた笑顔を浮かべてこっちの行動まで停止させる。 入間人間『電波女と青春男 第05巻』より引用
  • もちろん顔には心とはうらはらに柔和な笑顔を浮かべてはいるつもりだ。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • 気がついてみると、その時彼は実に人のいい笑顔を浮かべていたのである。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • 笑顔を浮かべているはずなのに、映っている私は涙を浮かべているのです。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • 開けると中には四十センチほどの大きさの人形が笑顔を浮かべていた。 高橋克彦『偶人館の殺人』より引用
  • ちらと私の方を見てから、ミオ卿は無理に作ったような笑顔を浮かべた。 河出智紀『まずは一報ポプラパレスより 4』より引用
  • ベッドに投げ捨てられても、姉貴は機嫌よさそうな笑顔を浮かべている。 松野秋鳴『えむえむっ! 第04巻』より引用
  • 突然の休載で苦労したはずなのに、ゆったりとした笑顔を浮かべている。 高橋克彦『幻少女』より引用
  • レナはきょとんとした様子だったが、笑顔を浮かべながら答えてくれた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 03 祟殺し編』より引用
  • 頬のあたりに冷ややかな笑顔を浮かべて、州波は電話の相手に声をかけた。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』より引用
  • また人のよさそうな笑顔を浮かべて、男がそんなことを言っている。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • その視線に気づいたのか、グラスランナーは屈託のない笑顔を浮かべた。 水野良『黒衣の騎士』より引用
  • おれは心の奥に僅かな痛みを感じながら、含みのない笑顔を浮かべた。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • 琥珀さんはいつも通り、こっちが嬉しくなるような笑顔を浮かべている。 奈須きのこ『月姫 白日の碧(シエル・トゥルーエンド)』より引用
  • いつも通りの笑顔えがおを浮かべたまま、わたしの前に座っている平賀さん。 沖田雅『先輩とぼく 03』より引用
  • はじめて雪を見た子犬のように、こよみは無邪気な笑顔を浮かべていた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第01巻』より引用
  • 今朝も聖美はいつもと変わらない笑顔を浮かべていたではないか。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • ぽややんとした笑顔を浮かべながら、赤毛の少女はぺこんと頭を下げた。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第01巻』より引用
  • 次へ »

笑顔を浮かべる の使われ方