笑みを浮かべる

797 の用例 (0.00 秒)
  • 「妻が近くの科学技術博物館に勤めていてね」かすかに笑みを浮かべた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 思わずといった様子で否定した息子に、父はうっすらと笑みを浮かべた。 三浦真奈美『風のケアル 第3巻 嵐を呼ぶ烽火』より引用
  • にこにこと笑みをかべながら楽しそうに台所の中で手を動かしている。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第16巻』より引用
  • 複雑な笑みを浮かべながら、緒方は流たちのいるテーブル席へと向かう。 柘植めぐみ/北沢慶/山本弘『妖魔夜行 穢された翼』より引用
  • だが晴れた窓の外を見た後、人の悪そうな笑みを浮かべ沙羅を見てくる。 畠中恵『アイスクリン強し』より引用
  • 目の前には桔梗と呼ばれる女がにっこりと微笑みを浮かべて立っていた。 高橋克彦『紅蓮鬼』より引用
  • 彼は男の太い腕に縋るようにして二の腕にほおを当てたまま笑みを浮かべる。 小野不由美『十二国記 06 風の万里 黎明の空(上)』より引用
  • 彼女は照れたような笑みを浮かべた後、ためらいがちにベッドに坐った。 神崎京介『禁忌』より引用
  • そんなリディアの目の前で、コリンズ夫人は満面の笑みを浮かべていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • さすが父の兄だと思えるような、にやりと獰猛どうもうな笑みを浮かべてみせた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • わかった、というようにニコッと笑みを浮かべ、息子は再び背を向けた。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 口もとに笑みを浮かべてはいたが、男の目は少しも笑っていなかった。 三浦真奈美『風のケアル 第2巻 波濤立つ都』より引用
  • そして次の瞬間、ツィマーマン夫人は満面に笑みを浮かべて立っていた。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会4)鏡のなかの幽霊(TXT)』より引用
  • そんなふたりの態度に満足げな笑みを浮かべ「大佐」が声を張り上げる。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第06巻』より引用
  • 楽しい夢を見ているに違いない、みんながそう思いそうな笑みを浮かべて。 谷川流『電撃!!イージス5 第01巻』より引用
  • 太郎は引きつりかける顔に必死の笑みを浮かべながら六生にいった。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たたかう青少年』より引用
  • すると博士は非常に喜んで、顔中の髭を動かし、満面に笑みを浮かべた。 海野十三『海底都市』より引用
  • 十文字は人の好さそうな笑みを浮かべると、軽く一礼して去って行った。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • どうしてあの人がと思うような人が満面に笑みを浮かべて会社をやめていった。 群ようこ『無印OL物語』より引用
  • 女は、なまめかしいとさえ感じる笑みを浮かべたまま、はっきり答えた。 吉村達也『ついてくる』より引用
  • 次へ »