笑う

全て 動詞
16,464 の用例 (0.01 秒)
  • たちまち高くたちまち低いその震え声は笑っているようにさえ聞こえた。 有島武郎『或る女』より引用
  • 六人のうちのひとりが言ったことに、全員が大声で笑って反応したのだ。 片岡義男『時差のないふたつの島』より引用
  • 僕の足音を聞いて娘はふとこの方へ向いたが、僕を見てにっこり笑った。 国木田独歩『初恋』より引用
  • 人の心配には冷淡になるだろう、人の困る時には大きな声で笑うだろう。 夏目漱石『吾輩は猫である』より引用
  • 私は笑うともなく唇をきゅっとまげて又子供等の方に又目をやって居た。 宮本百合子『農村』より引用
  • 孫の話をすると笑われますけれども、わたしは六十を越して孫ができた。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • 大いに笑う彼の顔を見て、一緒に大笑いしずにいることは困難であろう。 宮本百合子『熱き茶色』より引用
  • 栄さんには伝記者としての資格がついてしまったと笑うことがあります。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 怪塔王のにくい顔が、こっちをのぞいて笑っているのが見えるようです。 海野十三『怪塔王』より引用
  • のみならず同伴の外国人の男女なんにょと愉快そうに笑ったり話したりし出した。 芥川竜之介『カルメン』より引用
  • ある晩、外記が来た時にその話をすると、外記は面白そうに笑っていた。 岡本綺堂『箕輪心中』より引用
  • garh は非難するほうだが軽蔑けいべつして笑うほうにもなりうるのである。 寺田寅彦『言葉の不思議』より引用
  • あれとそっくりだと笑ったのだが、しかし望月はそんな事情は知らない。 織田作之助『それでも私は行く』より引用
  • 来る時に男の頭の見えていた隣の室では男と女の笑う声がしていた。 田中貢太郎『牡蠣船』より引用
  • 自分の軍隊時代という幸福な時代のことを思い出しながら、Kは笑った。 原田義人『城』より引用
  • 彼はすべてを呑みこんでいるという風にニヤニヤと笑っているのだった。 海野十三『蠅男』より引用
  • これが動くので笑うということが何であるかが動いて来るのである。 中井正一『図書館法楽屋話』より引用
  • おまえの肩をもって笑ってくれるやつなどいないだろうよ、保証してやる。 ドイル・アーサー・コナン『ノーウッドの建築家』より引用
  • この店で、チンピラ風の男の手を刺した時と同じように笑っていました。 植松真人『主よ、人の望みの喜びよ』より引用
  • 外祖母も母親もようやく安心して今はもう何とも言わずにただ笑っていた。 魯迅『村芝居』より引用
  • 次へ »