笑いを誘う

130 の用例 (0.00 秒)
  • 先輩は即座に部長と香奈に土下座をしてみせ、さらに皆の笑いを誘った。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • 自分の言った冗談が、思わぬ笑いを誘ったことが嬉しかったようだ。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • それはしばしばあまりにも一方的で身勝手であるため、かえって笑いを誘う。 チョーサー/繁尾久訳『精選カンタベリ物語』より引用
  • それがまたホロの笑いをさそったようで、しのび笑いが口かられていた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅶ Side Colors』より引用
  • 本人は、それらの件について談笑し、会場からの笑いを誘っていた。
  • ここは世話だんまりで演じられ、道玄の滑稽な逃げ方が笑いを誘う。
  • 彼のおじぎからしてすでに笑いを誘わずにはおかなかった。 ヘッセ/高橋健二訳『車輪の下』より引用
  • 三度目か四度目かで笑いを誘われたのだった。 池波正太郎『剣客商売 08 狂乱』より引用
  • そのため、転んだり絡み合ったりして、観客の笑いを誘う試合となる。
  • 彼の言葉の後半は、仲間の兵士達への、あんな面白いことがあったなと思い出し笑いを誘うためのものだった。 時雨沢恵一『キノの旅 第01巻』より引用
  • その真剣な姿が笑いを誘うというものである。
  • あえて笑いを誘う表現で、始がいうと、他の三人は花が開くような笑いでそれに応じた。 田中芳樹『創竜伝 第03巻』より引用
  • と、一番ぱくついていた日野原が緊張気味に言ったので、みんなの笑いを誘った。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • 突然の出来事に呆れながらも隼人に腹の底からの笑いを誘ったもの悲しいような声だった。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • このエピソードが学校中で笑いを誘い、Fish というアダ名が付いたと言う。
  • 人の懐を狙う稼業をしていても暮しの出費を節約している様子が笑いを誘う。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • おそらく笑いを誘うためにしかめ面をするというのが、もはや習い性となっているのだろう。 シムノン/矢野浩三郎訳『メグレとベンチの男』より引用
  • 出場者の特徴の捉え方が実にうまく、お茶の間の笑いを誘った。
  • このようにブリッジは、笑いを誘うためのテクニックとしての役割も果たしている。
  • その見栄みえが笑いの振幅を大きくし、それはまた次の笑いを誘ってあとさきがわからなくなる瞬間があった。 島尾敏雄『出発は遂に訪れず』より引用
  • 次へ »