笑いを浮かべる

179 の用例 (0.00 秒)
  • 皮肉な笑いを浮かべてそういう彼の顔が、私には眼に見えるようだった。 モーム/龍口直太郎訳『月と六ペンス』より引用
  • それから変な笑いを浮かべたが、慌てて口を結んで、椅子にかけ直した。 クイーン/二宮佳景訳『オランダ靴の秘密』より引用
  • 妙な笑いを浮かべてヘイドンが、わたしの方を見るのが眼につきました。 クリスティ/山崎昂一訳『ミス・マープルのご意見は?1』より引用
  • デジキャピの社員は代表者の名をきいて、初めて皮肉な笑いを浮かべた。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • そのうちに口の端に明らかに笑いを浮かべて私の視線にこたえたようだった。 倉橋由美子『倉橋由美子の怪奇掌篇』より引用
  • 昨夜家を訪れたときと同じ服装のアグネスはひきつった笑いを浮かべた。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • 電話の向こうで、奴が暗いうすら笑いを浮かべているのが想像できる。 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』より引用
  • 宗像でなくても、皮肉な顛末てんまつに意地の悪い笑いを浮かべたくなるだろう。 山田正紀『謀殺のチェス・ゲーム』より引用
  • 俺も愛想笑いを浮かべたが、この店にとって万事解決したとは言えない。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖1 ~栞子さんと奇妙な客人たち~』より引用
  • 真はなぜか申し訳ない気持ちになって愛想笑いを浮かべて、廊下に出た。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 竜子は唇のあたりに、かすかな笑いを浮かべて若者たちを見返していた。 平井和正『狼の紋章』より引用
  • あまりの皮肉に、ユーリはゆがんだ笑いを浮かべずにはいられなかった。 富永浩史『スフィア ―哀しみの青想圏―』より引用
  • 沈黙のあとで、父は、今度はしいて笑いをかべながら話しだしました。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 彼はひとりで薄ら笑いを浮かべて、インターカムのボタンをまた押した。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • 彼女はそれを理解すると、涙の中から少し軽蔑したような笑いを浮かべた。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 姫には見えなかったが、このとき彼はうっすらと妙な笑いを浮かべていた。 山田風太郎『忍者六道銭』より引用
  • などと一人笑いを浮かべかけていると、前川さんとの会話が再生を始めた。 入間人間『電波女と青春男 第01巻』より引用
  • 一人は三十歳ぐらいの小男で、終始気味の悪い愛想笑いを浮かべていた。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • まだ帰らない父は、いつも背後にその笑いを浮かべられて生きてきた。 岩井志麻子『岡山女』より引用
  • あの丸顔に輝くような笑いを浮かべて、亜実はそう答えるに違いない。 篠田節子『レクイエム』より引用
  • 次へ »

笑いを浮かべる の使われ方