笑い

全て 動詞 名詞
52,855 の用例 (0.01 秒)
  • そして彼の飲んでるのを見て安心して、また笑いながら兄と遊んでいた。 葛西善蔵『子をつれて』より引用
  • 彼は嬉しそうにしかし皮肉に笑いながらはいって来て、僕の手を握った。 大杉栄『日本脱出記』より引用
  • 子供はじっと私の顔を見つめていましたが、やがてニヤリと笑いました。 国木田独歩『春の鳥』より引用
  • 笑いはとまったけれど、四少年の健康は元のとおりになったわけでない。 海野十三『火星探険』より引用
  • 実際こんなときに込上げて来る笑いほど尊い笑いはないと私は信じます。 岸田国士『笑について』より引用
  • 笑いが一種の社会的反応を示す身振りだというのはつまりこれであります。 岸田国士『笑について』より引用
  • 笑いは前にも申し上げましたように極く軽い意味での優越感の表示です。 岸田国士『笑について』より引用
  • そこには大勢の人がお酒をのみながら高い声で笑いながら話しあっていました。 日本童話研究会『母を尋ねて三千里』より引用
  • 声の聞こえる部屋の隅へきっと葉之助は眼をやったが、笑い主の姿は見えぬ。 国枝史郎『八ヶ嶽の魔神』より引用
  • 六十何歳かの老芸術家は、涙の中に笑いながら、子供のようにうなずいた。 芥川竜之介『戯作三昧』より引用
  • 見せてやってもいいが、君興奮すると危ぶないナ、と妙な笑い方をした。 大倉燁子『深夜の客』より引用
  • 姉はわが顔を見て笑いつ、愚かなることを言うぞと妹の耳を強く引きたり。 国木田独歩『おとずれ』より引用
  • 私は強いて笑いを作りながら彼の肩を後からそっと抱いてやった。 金史良『光の中に』より引用
  • 僕は急に勇気が出て来て顔中かおじゅうがにこにこ笑いになりかけて来ました。 有島武郎『僕の帽子のお話』より引用
  • 看護長の苦々しげな笑いに気がつく余裕さえ上等兵には無いようだった。 黒島伝治『氷河』より引用
  • 半七は笑いながら一朱銀を受け取って、今更のように手の上で眺めた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 女房はすこし驚いたように半七の顔を見たが、やがて又笑い出した。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • それを見ると一同はただなんという事もなく思いやりのない笑いかたをした。 有島武郎『或る女』より引用
  • 隅田は笑いながらそう言って、そのマッサージ師に彼女を呼びにやった。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • 苦しみ、或いは悲しみと裏表になつているような笑いもなくありません。 岸田国士『笑について』より引用
  • 次へ »