竹生島権現

7 の例文 (0.00 秒)
  • また、竹生島権現では大弁才天のほか、古くから千手観音も祀られていて、すでに平安時代末期には西国三十三所の観音霊場になっていた。 ...
  • 永禄元年の大火後、慶長7年に豊臣秀頼が片桐且元を普請奉行として竹生島権現を復興している。 ...
  • 現在も「日本三弁天」の一つに数えられており、なかでも竹生島権現は「日本最古の弁才天」「弁才天の発祥地」と称される。 ...
  • 中世以降、竹生島権現は貞永元年、享徳3年、永禄元年などに大火があり社殿が焼失したが、その都度復興している。 ...
  • 竹生島権現も影響を免れ得ず、大津県庁は竹生島権現宝厳寺を廃寺にして神社としたうえで、社名を『延喜式神名帳』から採った「都久夫須麻神社」に改めるよう命じた。 ...
  • こうして当社は大弁才天を本尊とする「竹生島大神宮寺」「竹生島権現」「竹生島明神」「竹生島弁才天社/竹生島弁財天社」などの他、寺と神社を全部含めて「宝厳寺」、と称されるようになった。 ...