竹沢千恵

18 の用例 (0.00 秒)
  • 竹沢千恵が、集会の会場になっている、生徒会ホールの前に立っている。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 相変らず、小気味いいくらい、元気一杯の竹沢千恵の声が聞こえて来た。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 服を着て、竹沢千恵が来た時のために、コーヒーでもいれとこうか、と仕度していると、部屋の玄関の方のチャイムが鳴った。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 道具置場というのか、掘立ほったて小屋が一つ、隅の方にあって、その隅から、竹沢千恵が顔をのぞかせているのだった。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 竹沢千恵は、高校一年というより、中学一年といってもおかしくないくらい、「可愛かわいい」感じの子だった。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • と、言って、竹沢千恵は少し間をおいて、続けた。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 私は、そもそも立候補からして、おそらく彼女の仕組んだことだというところから始めて、特に竹沢千恵の方に、色々ないやがらせや圧力があることを説明した。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 色々、妨害も障害もあったが、ともかく、予告した以上はちゃんとやろう、ということで、私も竹沢千恵も、意見が一致したのである。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • もちろん、何人ぐらいの生徒が集まるものか、もしかしたら、私と竹沢千恵の二人だけ、なんてことになるかもしれないが、それならそれでもいい。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • たとえ勝てなくても、私と竹沢千恵に入った票の数が多ければ多いほど、矢神貴子にとっては、ショックなはずである。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 竹沢千恵が、下着だけの、裸同然の姿で立っている。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 私は、一見呑気のんきそうな竹沢千恵が、意外に色んな苦労をしてきているんだ、と分って、少々気恥ずかしいような思いだった。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • むしろ、心配なのは、竹沢千恵のことだ。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • と、竹沢千恵も、少し汗をかいている。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 竹沢千恵が、買物の大きな袋をかかえて、やって来た。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 千恵とは、もちろん竹沢千恵のこと。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • と、竹沢千恵は言った。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 竹沢千恵は、青ざめていた。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用