競争入札

190 の用例 (0.00 秒)
  • 指名競争入札及び随意契約は法に定められた場合のみ行うことが出来る。
  • 技術的な希望を発表していけないでしょうか、競争入札は競争入札です。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 競争入札では、予定価格内最廉価格の入札を落札としなければならない。
  • これは首都高速では初の施工例であり、技術提案を含む競争入札が行われた。
  • 通常は競争入札方式による調達のため価格はその時によって変わる。
  • 国および地方公共団体の契約は原則として一般競争入札によらなければならない。
  • マンション建設では、競争入札を避けて特命受注を増やす路線をとった。
  • それをやるには、競争入札前に業者を決定するという非常手段を取らねばならなかった。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 現在は、一般競争入札の実施により国内4メーカーの車両が新製配置されている。
  • 指名競争入札には、様々な種類があるが、その詳細は表のとおり。
  • 日本の地方自治体が救急車を購入する場合、一般的には競争入札で購入する。
  • 日本の官庁調達案件においては一般競争入札を原則とすると規定されている。
  • 競争入札へ移行できない物は、企画競争若しくは公募を行うこととしている。
  • 競争入札では、落札額は予定価格の制限を超えることができない。
  • 公共事業等の競争入札情報の専門紙の発行を行う。
  • 結局試験所は存続とならず、建物・敷地ごと、競争入札にかけたれた。
  • 政府による調達の際に行われる競争入札がこれに対応する。
  • 尚、競争入札を行なっても落札しない場合等は随意契約に移行することができる。
  • ただし、次の場合に限り、例外的に指名競争入札が認められる。
  • 以下には、官が入札に参加せず、結果として民間会社同士の競争入札になったものも含む。
  • 次へ »