竜頭蛇尾

全て 名詞
52 の例文 (0.00 秒)
  • 結果を見ると、この船団輸送は、作戦全体として竜頭蛇尾の感がある。 ...
  • 竜頭蛇尾というか、ズッコケというか、実にさまヽヽにならぬ幕切れであった。 ...
  • 計画は竜頭蛇尾に終わってしまったが、この数ヵ月、実に楽しかった。 ...
  • 竜頭蛇尾という印象を受けざるをえないほど。 ...
  • 竜頭蛇尾ということには謂わば芸術的に云ってさえ美がない。 ...
  • 竜頭蛇尾に終るが、芝居噺というものは、多くはこんなものである。
  • これ以上詮索しても、つまらない竜頭蛇尾におわりそうな感がした。 ...
  • もし眞杉氏の指示がなかったら、竜頭蛇尾、正に失敗作に終わるところであった。 ...
  • あれほど天下を騒がせた昭電事件の最後が竜頭蛇尾になったのは、これもその性格を語っていると思える。 ...
  • 事件発生時の扇情的な四段抜き見出し付きとは格段の相違で、竜頭蛇尾とはこのことだろう。 ...
  • 結果はいかにひかえ目に言っても竜頭蛇尾だった。 ...
  • 竜頭蛇尾のおそまつな代物であるのは自分でもわかった。 ...
  • だが、奇怪にもこの日の大観は、まさにこの瞬間を頂点として、あとは完全に竜頭蛇尾に終ってしまったのである。 ...
  • これだけの歳月を経てもなお、一九八五〜八六年の遭遇が一般大衆にとって、いかに竜頭蛇尾の結果だったかは、いまも記憶に新たなところだった。 ...
  • 砲兵戦主体の総攻撃も竜頭蛇尾に終った。 ...
  • 彼は創造力にあふれ、彼の作品の登場人物は現実味があり、初めの勢いが竜頭蛇尾に終わるような特徴的な人物が名人の筆でいきいきと描かれた。 ...
  • まこと袋の底破れて沼の水干上がりしごとく、竜頭蛇尾りゆうとうだびを絵にかきたるに似たり。 ...
  • 次へ