立身出世

全て 名詞
530 の例文 (0.00 秒)
  • 清はおれをもって将来立身出世して立派なものになると思い込んでいた。 ...
  • 当時は、主人公のように地方の人間が立身出世を目指し多数上京していた。 ...
  • 人間の身分が固定して立身出世の難しい頃に千石といったら大変なことである。 ...
  • 立身出世は自分に当然約束されているもののように思っていた。 ...
  • そして、その愛が、ついには、あなたをも立身出世させていたはずでした。 ...
  • おれが望みどおりに立身出世したなどと兄たちに思われては困る。 ...
  • それは小木慶三郎が立身出世の道からはずされたことを意味していた。 ...
  • 自身の立身出世のために同僚を売るような行為を卑しんだとされる。 ...
  • 家庭の平和と立身出世主義が息子を武力闘争に追いこんでいるわけだ。 ...
  • 己れの心、己れの好みをすてて立身出世の道を選んだではないか。 ...
  • 名もなき彼らは立身出世とは縁がなかったかもしれません。 ...
  • しかるべく立身出世して天下をとったのが豊臣秀吉という先輩なのである。 ...
  • 一生の方向ったって、私ゃそのころから立身出世ってえやつがきらいでね。
  • しかし幸運な事に南北戦争の勃発が彼に立身出世の機会を与える結果となった。 ...
  • 竜太はいわゆる立身出世など、ちらりとも思い浮かべたことはなかった。 ...
  • わが一剣をもって立身出世をしようというのでもない。 ...
  • 男がのちに立身出世でもしようものなら、またなにか見返りがある。 ...
  • 次へ