立派な芸術家

17 の例文 (0.00 秒)
  • なぜならこの人たちはみんな立派な芸術家だとおもったからです。 ...
  • チャップリンは、二巻物の時代だけでも立派な芸術家であったのだ。 ...
  • チャップリンは、二巻物の時代だけでも立派な芸術家であつたのだ。 ...
  • 立派な芸術家は単に作品の中に存在するだけで、その結果、人間的には全然面白くない。 ...
  • あなたは間違いなく立派な芸術家で、いずれはみんながあなたを認めるようになる、わたしはそれを信じています。 ...
  • 立派な芸術家ですよ。 ...
  • 美容師だって、今は立派な芸術家なんだよ。 ...
  • きっと松下慶山は立派な芸術家だったに違いない。
  • それに依つて、その役者が立派な芸術家であるか、或ひは、単なる一箇の芸人に過ぎないかが決定される。 ...
  • ならば蒔絵師も立派な芸術家ではないか。 ...
  • しかし何かが彼の腰を重くし、藤代氏と向かい合うように席を変えて、立派な芸術家ですね、秋田さんは、と言った。 ...
  • さらに、単にプロであるだけでなく、音楽というもののあり方についてそれなりの見識をもち、それが演奏の深味となってにじみ出るならば、その人は立派な芸術家だといえる。 ...
  • もう竹屋の職人じゃない、立派な芸術家だ。 ...
  • そしてこれに代って穢多・非人が、賤民視されることになりましたが、その非人と言われる中にも、既に室町時代以来だんだん解放されて、最後まで河原乞食などと賤まれた俳優でも、今日は立派な芸術家として、よい身分の人々までが自らその仲間になる世の中になっております。 ...
  • 歌右衛門のお芝居を観てサラベルナールを想い出し、そしてこの有名な立派な芸術家の芸の力をお手本にせねばならぬと、しみじみ感じた次第でございます。 ...
  • その他比較的後までも、河原者とか、河原乞食とか呼ばれて、賤視された人形遣い、すなわち道薫坊どうくんぼうの徒の如きは、つとに日向掾などの受領を得て、今で云えば地方庁の高等官の資格を獲得していたものがあり、また歌舞伎役者の如きも、今では立派な芸術家として、何人もこれを嫌がるものがない程になっている。 ...