立居フルマイ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • その表情にも立居振舞にも、苦しんでいる様子がはっきり現われていた。 ...
  • 露骨な人の立居振舞の折々にも、気のあるところはそれと推測が出来る。 ...
  • しかも立居振舞のすべてに神経がゆきとどき、舞のようにしぐさが美しいのだ。 ...
  • これも、どうやら猫としての求愛の立居振舞が分らなかったせいのような気がする。 ...
  • 右腕と右膝みぎひざに脱力感はあったが、立居振舞にはなんの不自由もなかった。 ...
  • たいがいの女は何にも知らずに無心に立居振舞ふのである。 ...
  • 彼女は元気のいい立居ふるまいをやり、彼女の眼はかがやいた。 ...
  • 立居振舞は立派な上流の婦人であって、その底には人を馬鹿にした、大胆な行を隠している。 ...
  • おそらく彼女は自分の立居振舞に精一杯気をくばっていたのだろうが、それでも鳥部屋の窓に近づいたときには目に見えて顔が赤くなった。 ...
  • またその立居振舞も何を以て範とするか、容易にさだめがたい。 ...
  • だがミスター・マーティンのほうは、立居ふるまいのなんたるかさえ知らない。 ...
  • 彼の立居ふるまいは以前どおりいきいきとしていた。 ...
  • 普通の素人娘のうちでも、この娘などは特別立居振舞の投げやりで粗暴な方であるらしい。 ...
  • 昔ながらの立居振舞で自分も得意ですし、はたからも昔のままの取扱いを受けています。 ...
  • 役者志望と言えば、この人は立居ふるまいが形になっている。 ...
  • この時期にそろえた着物をおりあるごとに着せて、着物になじませ自然に立居振舞を身につけさせるはじめとする。 ...
  • 鷹揚おうような立居振舞で、彼なりに飼猫の境遇の安逸さをたのしんでいるように見えた。 ...