立ち廻る

32 の例文 (0.00 秒)
  • 人買いが立ち廻るなら、その人買いの詮議せんぎをしたらよさそうなものである。 ...
  • 外国人の間に立ち廻って決してひけを取らないだけの貫禄かんろくを思わせた。 ...
  • 僧正はと、いうと、横に立ち廻ったかと思うと、男のしりをハタとった。 ...
  • 庄内川の岸に寝ていたのも、持田家の周囲を立ち廻ったのも、そのためなので。 ...
  • 人買が立ち廻るなら、その人買の詮議せんぎをしたら好さそうなものである。 ...
  • 宮廷の采女は、郡領の娘をして、ある期間宮廷に立ち廻らせられたものである。 ...
  • 源助は一旦その姿をくらましたが、千住の友達へ立ち廻ったところを捕えられた。 ...
  • 自然と子供たちは大人の顔色を読んで抜け目なく立ち廻る。 ...
  • 外へ出て、駈けずり廻って、探偵の真似をして、スマートに立ち廻った。 ...
  • それに如才がなく、会話が気がきいていて、常に要領よく立ち廻る。 ...
  • 姉はどこへも立ち廻った形跡がないのである。 ...
  • しかし、いくら上手く立ち廻った積りでも、不安なものに違いない。 ...
  • 巴里の町の人間は機会さえあれば、狡く立ち廻って、差額を取ることを忘れない。 ...
  • ストックトンとかいう名の男が派手に立ち廻っているから。
  • いわゆる寛大というような様子がなくって、ごく細かに立ち廻るというような風が見えて居る。 ...
  • いわゆる寛大というような様子がなくって、ごく細かに立ち廻るというようなふうがみえている。 ...
  • 浮気が続いているとすれば、余程上手に立ち廻っているはずだ。 ...
  • 次へ