窓外

全て 名詞
1,100 の例文 (0.00 秒)
  • 実際窓外そうがいの眺めは大阪を今離れたばかりの自分達には一つの変化であった。 ...
  • そして、窓外を見やって動かない皇帝もそうであろうと信じたのだった。 ...
  • 彼は寝衣ねまきかわかしやうのないのに困つて、ぼんやりと窓外まどそとながめて居た。 ...
  • そしてしばらくすると、その三人の婦人たちが窓外を通りすぎるのを見た。 ...
  • 窓外の地上に落ち散っていたガラスの破片にさえ一つの指紋もなかった。 ...
  • まず窓外へ目をるが、どの辺を走っているのかまったく見当がつかない。 ...
  • 広島は間もなくかと思いつつ窓外を見ていると、他の乗客も皆外を眺めている。 ...
  • その視線は彼を通りすぎて、窓外の深く積もった雪の方へと注がれていた。 ...
  • 汽車の乗客たちも、ようやく窓外の街の異常な空気に気がついたようです。 ...
  • どの客も視線は自然に窓外の眺めに吸い寄せられていくようだった。 ...
  • 彼は寢衣ねまきの乾かしやうのないのに困つて、ぼんやりと窓外を眺めて居た。 ...
  • 彼はビールが来る前から楊子ようじを使い、つまらなそうな顔で窓外を見ていた。 ...
  • そこで加速度をもって窓外に出るためには、どのようなことが想定されるか。 ...
  • ゆるやかな窓外の闇のうごめきが激しく渦巻き始めるように感じられた。 ...
  • 目の前には常に自分のいる部屋の一部あるいは窓外の景色がある。 ...
  • 弟は聖護院蓮華蔵町しょうごいんれんげぞうちょうの偽電気ブラン工場、工場室から窓外を眺めていた。 ...
  • 持参の本を読みかけたが、頭に入らないので、窓外の景色に眼をやった。 ...
  • 次へ