窒素固定

160 の用例 (0.01 秒)
  • 一方、生物による窒素固定反応は基本的には標準状態にて行われる。
  • ハーバー博士の業績の最大のものは、 空中 窒素固定法の発明である。 星新一『きまぐれエトセトラ』より引用
  • この内部には根粒菌が共生しており、この細菌が空中窒素固定能を持つ。
  • 現在では地球の生態系において最大の窒素固定源となっている。
  • 嫌気性菌については完全嫌気状態でなければ窒素固定反応は行わない。
  • また、窒素固定に関わる細菌など、自由生活性のものも多く含まれている。
  • ハンノキ属植物の根にはフランキア属の放線菌が共生し窒素固定を行う。
  • 実際にはこの窒素は窒素固定と呼ばれるプロセスによって「固定」される。
  • また、生物学的窒素固定を発見したことでも知られる。
  • 以下の植物は、マメ科植物と同様に窒素固定生物と共生している。
  • 初期における研究の中心は窒素固定に関連する。
  • ハーバー博士の業績の最大のものは、空中窒素固定法の発明である。 星新一『きまぐれフレンドシップ PART2』より引用
  • 自然界での窒素固定は、いくつかの真正細菌と一部の古細菌によって行われる。
  • 人工肥料の生産は非常に大きな量に達しており、現在では地球の生態系において最大の窒素固定源となっている。
  • 藍藻においては窒素固定のために特殊化した細胞を指す。
  • また、根圏に窒素固定細菌と共生関係を持つとの報告がある。
  • 窒素固定を行う菌糸は通常のものと異なり隔壁を持たない。
  • これは窒素固定における窒素をアンモニアに変換する反応を触媒する。
  • アカウキクサ類も藍藻と共生して窒素固定を行うので同様の使われ方をする地域がある。
  • セアノサス属は根粒にフランキア属の放線菌が共生して窒素固定を行う。
  • 次へ »

窒素固定 の使われ方