突然

全て 副詞
46,178 の用例 (0.01 秒)
  • それが突然に存在を開始したという仮定には奇妙な矛盾が含まれている。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 彼女が突然詩人のグループに現はれると 詩人達が彼女の周囲に集つた。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-07』より引用
  • しかし確かな証拠もないのに突然に御用の声をかけるわけにも行かない。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • ところがものの二三分もせぬ中に突然彼は目をむいて仰山ぎょうさんに驚き上った。 金史良『天馬』より引用
  • ところが、突然にこの少年の勝利が破られてしまうようなことが起った。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • 想像していたよりはるかに大きな画面が、突然僕の目の前に現れたからだ。 市川陽『放課後のロックンロール・パーティ』より引用
  • しかるに十八の秋、突然東京の父から手紙が来て僕に上京を命じたのです。 国木田独歩『運命論者』より引用
  • すると、水兵服嬢は意外にも突然眼鼻を一つにして白い歯をきだした。 海野十三『深夜の市長』より引用
  • 突然小さな仙台市は雷にでも打たれたようにある朝の新聞記事に注意を向けた。 有島武郎『或る女』より引用
  • しかし突然感じたのは、こいつはいけねえ、首を斬られるんじゃねえか。 魯迅『阿Q正伝』より引用
  • 杉田は突然「今日は」と挨拶をされて、百万の味方を得たように喜んだ。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • そのうちに或店の軒に吊った、白い小型の看板は突然僕を不安にした。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • そのうちに或店の軒に吊つた、白い小型の看板は突然僕を不安にした。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 突然、私は自分がいろいろなことに抵抗して生きていることを苦痛に思った。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • その日の昼頃突然姉の所から赤坊が大変な下痢だと云ふ知らせが来た。 有島武郎『お末の死』より引用
  • この小屋の近所に住んでいる原住民の女が突然に行くえ不明になったんです。 岡本綺堂『麻畑の一夜』より引用
  • その中に姉の膝の上で眠入つて居た赤坊が突然けたゝましく泣き出した。 有島武郎『お末の死』より引用
  • 二人の顔が合った時多四郎は突然自分の顔を山吹の顔へ落としかけた。 国枝史郎『八ヶ嶽の魔神』より引用
  • 妻は、私が失神から醒めたのを見ると、突然声を立てて泣き出しました。 芥川竜之介『二つの手紙』より引用
  • すると、突然、これまでに見たこともない小さな池の端に立っていた。 林田清明『夏の日の夢』より引用
  • 次へ »

突然 で始まる単語