突如大

16 の用例 (0.00 秒)
  • 白いばかりで愛想のない表面に、突如大森林の空中写真が映し出された。 菊地秀行『トレジャー・ハンター02 エイリアン魔獣境 I』より引用
  • 西暦2095年、突如大地震に見舞われ人々の生活は混乱を極めた。
  • ボーア人はもはやイギリス統治下のケープ植民地では生活ができないと考え、1835年、突如大集団を形成し、移動を始める。
  • 盛り上がったころで突如大旦那が帰ってきた。
  • このように教会を牧していたニコラオスであったが、このとき、安寧を保っていた教会が突如大迫害にさらされる事になった。
  • これを機に円谷の特技課に続々と人材の充実が図られ、突如大所帯となっていく、まさに掌を返したかのような打って変わった処遇振りであった。
  • 第21回参議院議員通常選挙で圧勝し、政権交代に向けて攻勢を強めていた小沢が突如大連立構想に乗ったことは大きな衝撃を与えた。
  • 夏海を追ってやってきた栄次郎は、突如大ショッカーの大幹部の一人・死神博士に変身し、さらに士が現れて、本当の正体を明らかにする。
  • 大和はますます左舷への傾斜を増して赤腹を見せ、その上にばらばらと蟻のように乗員がはい下り、七、八〇度の傾斜になったと思われたとき突如大音響とともに誘爆し、火柱とともに人も艦も天に吹き上げられ、水煙がおさまったときは、もはや艦影はまったくなかった。 吉田満・原勝洋『ドキュメント戦艦大和』より引用
  • 惑星グロリエの先住種族であり、太陽系外に脱出した地球人類が、開発拠点惑星「リベルテ」に次いで惑星グロリエに殖民を開始して約20年ほど経過した後に、突如大艦隊を組んで惑星グロリエの人工衛星の軌道要素上に現れる。
  • この末期患者の異常行為は、鬼ヶ淵の沼から鬼が湧き出し村人を襲った、という伝承の行を、ガス災害という見方ではなく、何らかの感染症が突如大発生し、順応できなかった村人たちが被害妄想を肥大させて村人殺しに発展したと読み解けた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編』より引用
  • 何とかしてやりたくとも何も出来ない自らの無力感に苛まれていた所、突如大天使・ラファエルと名乗る天使が現れ、愛に「神代光を悪魔の手から救い、契りを交わせ」と命じてきた。
  • ところがアメリカでは1928年から工業生産が下降に転じ、1929年10月24日、ウォール街のニューヨーク証券取引所で株価が突如大暴落した。
  • 同じく「初霜」の通信士だった松井一彦は、左舷へ傾斜を増した「大和」の赤腹に、乗組員がアリのようにはいあがり、七、八〇度の傾斜になったと思われるころ、突如大音響とともに誘爆、人も艦も火柱ごと天に噴き上げられたのを見ている。 辺見じゅん『完本 男たちの大和(下)』より引用
  • しかしこの年は好不調の波が激しく、7月8日の対阪神タイガース16回戦では、8回4安打14奪三振2失点と好投していたものの9回突如大崩れをして逆転を許してしまった。
  • 将軍継嗣問題に関しては一橋派に属して一橋慶喜の擁立を図り、松平慶永と通じたり、南紀派の井伊直弼・松平忠固らの駆逐計画について岩瀬忠震と議したりしていたが、安政5年5月6日に突如大目付を免ぜられ、大番頭へ左遷させられた。