突っ掛る

全て 動詞
6 の例文 (0.00 秒)
  • 恐らくその男の貧弱な服装を見て、先輩とは偽だと睨んで、突っ掛って行ったに違いない。 ...
  • 堤は帽子の男にっ掛るような恰好かつこうになったが、あわてて相手をかばおうとしたようで、かえって足元の注意がおろそかになっていた。 ...
  • 鮎が新しい水垢を争いなめているのであるから、他から侵入者があれば容赦なく突っ掛って来る。 ...
  • 「何とな、アンコのくせして、本気でやる気かよ」 ミーが眼を剥いて突っかかってきた。 ...
  • 道頓堀の勝は「オリンピア」が閉店になって、豹一が多鶴子より一足先に出て来るところを待ちうけていたのだが、おいと声を掛けて寄って行ったかと思うと、もう豹一の方から突っ掛って来た。 ...