突き刺すような視線

17 の例文 (0.00 秒)
  • ヴァンスの突き刺すような視線をまともに見返すすべもないかのようである。
  • やはりジーニは何も言わなかったが、今度は突き刺すような視線も向けられなかった。 ...
  • この電話の主が先刻の、突き刺すような視線の主にちがいない。 ...
  • 顔なじみのケンが入っていっても、突き刺すような視線が射かけられてくる。 ...
  • 氷の剣を突き刺すような視線だった。
  • 突き刺すような視線は、文四郎の疲れを倍加させた。 ...
  • 突き刺すような視線は、その男のものだった。 ...
  • とたんに馬場秋子が、突き刺すような視線を今度は私立探偵に向けた。 ...
  • 突き刺すような視線を感じて、門のほうを見ると、見張り穴からいくつも雷発銃の銃口が突き出されている。 ...
  • だが、赤毛の女戦士からの返事はなく、ただすような視線しせんが返ってきただけだった。 ...
  • 達也は背中に突き刺すような視線を感じた。 ...
  • 「あなたは、あなたがもしも侯爵家をお継ぎになるようなことがございましても、決して今夜のこのお約束をお忘れにはなりますまいね」 そう言って彼女は、戸惑いしているような男の顔を、まるで突き刺すような視線でながめていた。 ...
  • スペードはイエロー・グレーの目の突き刺すような視線を彼女の顔から動かさずに、シガレットを巻きはじめた。 ...
  • あたりには異臭が漂い、掘っ立て小屋のような家屋からはじろじろと突き刺すような視線が飛んでくる。 ...
  • そして、山内厚子の突き刺すような視線もあった。 ...
  • 入りたての巡査などは、書類を届けるために捜一に使いに出されて、一歩室内に入ったとたん、もう周りの突き刺すような視線に、足が前に出なくなり、気がついてみたら、膝小僧どうしが、自然にぶつかり、何か用件をいおうと思っても、歯の根が合わなくなって、物もいえなくなるそうだ。 ...